スーパーコンピューター「京」の後継機 100倍の計算速度目指す

ざっくり言うと

  • 富士通は15日、スーパーコンピューター「京」の後継機の製造開始を発表した
  • 「京」の100倍の計算速度を目指し、災害の予測などへの活用が期待される
  • 理化学研究所との共同開発で、2021年〜22年ごろに運用開始の予定だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング