同性婚訴訟の口頭弁論を前に取材に応じる佐藤郁夫さん(左)と小野春さん=15日午前、東京・霞が関の東京地裁前

 国が同性同士の結婚を認めないのは憲法が保障する婚姻の自由を侵害するとして、男女6組の同性カップルが国に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁で開かれた。原告の会社員小野春さん=東京都=は意見陳述で「私たちのような家族は特別ではない。知られていないのは目立たないように暮らしているからです。いないものにしないでほしい」と訴えた。

 団体職員佐藤郁夫さん(60)=同=も「私たちの日常は男女の夫婦と何一つ変わらない」と話した。国側は争う姿勢を示した。