NHKの番組『みんなで筋肉体操』に出演し、一躍時の人となった庭師の村雨辰剛さん(30)。スウェーデンで生まれ育った村雨さんは、19歳のときに日本に移住し、23歳から庭師の道へ。26歳で日本国籍を取得し、帰化。独特の経歴を持つ村雨さんに、庭師という仕事への思いと、筋肉について伺った。

【画像】庭師・村雨さんの普段の服装からタンクトップまでを見る


 

「エッ、なんでテレビに出ている人が来たの?」

――『筋肉体操』へのご出演が話題になりましたね。反響の大きさを感じることはありますか?

村雨辰剛さん(以下、村雨) ありますね。普通に街を歩いていても、結構気づかれるようになって。以前は、庭のしごとをしているときに「『昼めし旅』に出てますよね」と声をかけられたり、割とコアな層に届いているなと感じることはあったんですけど(笑)。

 でも、今でも庭師の格好をしているときに声をかけられることがやっぱり多いです。庭のしごとに伺うと、「エッ、なんでテレビに出ている人が来たの?」とびっくりされることも結構あります。

――タレント活動の機会が増えた今も、庭師のお仕事を続けていらっしゃるのですね。

村雨 もちろんです! タレント活動も、日本庭園について発信する機会のひとつと考えているので、両者の区別はあまり意識していませんけどね。

庭師のはじまりは「弟子入り」

――改めて、「庭師」のしごとがどのようなものかを教えてください。

村雨 「庭師」と言うと、町の造園屋さんや植木屋さんで働いている人をイメージすると思いますが、設計施工と管理が主な仕事です。個人邸のお庭の依頼があったときに、設計をして、図面通りに施工したり、すでにある庭に年に1回か2回、メンテナンスに伺います。

 大きな会社になっている造園屋さんの場合、街路樹や、街並みの植栽帯の設計施工や管理といった仕事もあります。

――村雨さんはどういった働き方をされているのですか?

村雨 最初は愛知県西尾市の加藤造園さんのもとに弟子入りし、5年間働いていました。西尾市は城下町だったので、武家屋敷や古いお寺が多く、庭文化が残っている場所です。ただ、土地柄もあり、既存のお客さんのお庭の管理の仕事が多く、新規の設計や施工の仕事は少なかった。

「もっと作る経験を積みたい」と思い、いまは東京で大きな会社のお手伝いをしています。加藤造園では日本庭園の仕事がほとんどだったので、東京にきて、洋風のお庭の仕事の割合が増えて、それは少し寂しいんですけどね。

木と人に向き合う日々

――町の造園屋さんから、いまは大きな会社で庭師を。他に働き方で変わったことはあるのでしょうか。

村雨 加藤造園の頃は、従業員として黙々と木と向き合っていればよかったのですが(笑)、いまは庭を新しくつくりたいお客さんや、リフォームしたいというお客さんの相談を受けて、具体的な案をご提案する業務もあります。たとえば、このお庭にはこの資材を使うととてもいいと思うんだけれども、少し費用が高い。そうしたときに、お客さんにいかにその魅力を伝えて、納得してもらえるか……提案力やコミュニケーション能力というんでしょうか、そういう部分に難しさを感じます。

 さらに、会社では利益率はどれぐらい取れているのかだとか、これだけの仕入れに対して、この値段でいいのかなどの決まりがあって、数字にも意識的でないといけない。そういうところも勉強になっています。

"日本にしかないもの"に魅了された

――ご出身はスウェーデンですよね。日本に興味を持ったきっかけはなんですか。

村雨 中学の世界史の授業で、平安時代から第2次世界大戦までの日本の歴史を学んだ際に心惹かれました。鎖国をして外国に影響されなかった期間が長かったからか、自分の知っているどの国の文化からもかけ離れていて、日本にあるものはどこを探してもないという印象を持ちました。当時の自分にとってはものすごくエキゾチックに思えたんです。

「敵に塩を送る」の語源となった、上杉謙信が困窮していた敵将の武田信玄に塩を送ったエピソードなどが印象に残っていますね。なぜわざわざ敵を助けたんだろう、とすごく気になった記憶があります。

――ご著書の『僕は庭師になった』では、その頃から、日本語や、日本文化について勉強するようになった、と書いています。

村雨 Yahoo!チャットで日本の人を見つけて、直接やり取りをするようになりました。

――すごい行動力ですね!

村雨 僕が生まれ育った場所ってすごく孤立してたんですよ(笑)。スウェーデンの一番南にある、スコーネ地方の郊外で生まれ育ったんですけど、映画を観に行くにもバスで片道40分かけて行かなきゃいけないような田舎でした。周りには畑しかなくて、友人と遊ぶとしたら、自然の中で遊ぶか、町に1軒だけあるレンタルビデオ屋さんでビデオを借りてきて、みんなで見るというような。

 そんな田舎だったから、日本語を勉強するにも図書館くらいしかリソースがない。だったら、ネットで日本人と知り合おう、と。スウェーデンって人口が少ないんですが、ITの発達が世界トップクラスに早かったので、パソコンやIT環境の面ですごく恵まれていた、というのもありました。

――その後、19歳で来日し、就職。その若さで外国で仕事をするのは、なかなか勇気がいることだったのでは?

村雨 ひたすら日本語や日本文化のことばかり勉強していたので、日本でやりたいことがすでにいっぱいありました。頭の中で妄想が膨らんで膨らんで、行きたいという気持ちが爆発して、行った形です(笑)。すでにホームステイで3ヶ月ほど日本に行っていたし、両親にも「大人になったら行くから」と言ってあったので、周囲の人も特にびっくりはしていませんでした。

 当初の目標は「自立して暮らせること」。まずは名古屋で4年間、語学教師として働きました。

親方から学んだ、自分自身に問い続ける姿勢

――そこから造園業に入ったきっかけはなんだったのでしょう。

村雨 日本の伝統に関わる仕事がしたい、という気持ちは、来日した当初からあったんですよね。たまたま求人を出していた造園屋さんで期間限定のアルバイトを始めたことが、造園業に入ったきっかけです。アルバイトの期間が終わっても、造園業に携わりたいという気持ちに変わりはなかったので、加藤造園へ改めて弟子入りしました。

――昔ながらの徒弟制度を経験されたわけですが、徒弟制度に対して感じることはありますか?

村雨 徒弟制度と言っても、親方次第で変わる部分がどうしても多いので一概には言えないのですが、親方のセンスだとかを受け継ぐには、多少効率が悪いところがあっても、いい制度だと思うんです。

 僕が加藤造園の親方から学んだことで一番大事だと思ったのは、安易に自分の仕事に納得するのではなく、「本当にこれでいいのか」「もうちょっと直せるところはないのか」と自分自身に問い続ける姿勢。僕は結構大ざっぱな性格なので、本来はパパっとやって、パパっと仕上げたい。でも、親方は基本をすごく大事にする人なので、まずは時間がかかってもいいのできれいにする、常に安全を心がける、ということを教えてくれました。親方から「やり直しだ」とダメ出しを受ける経験がなかったら、いまの庭師としての自分はいなかったと思っています。

――基本を大事にする。それはいまの村雨さんの仕事にも引き継がれていますか。

村雨 引き継がれていますね。たとえば、「刈り込み」という作業があるのですが、最初のほうからやらせてもらえる、言ってみれば誰でもできる作業なんです。でも、だからこそ誰よりもきれいに仕上げる、極める、というのが親方の考え方でした。

 親方の刈り込みは、他の誰にも負けないんじゃないか、というくらい綺麗だったんですが、その下で修行したからには、「刈り込み」だけは誰にも負けたくない、という気持ちはありますね。

日本の美意識と「不等辺三角形」

――庭師さんになるために、必要な勉強はあるのでしょうか。

村雨 絶対に必要な勉強、というものはないと思うんですが、多くの庭師が修行の過程で茶道や華道を取り入れています。茶道は平常心を保つためのメンタルの訓練にいい。華道は、造園に必要なバランス感覚を養うことができます。

 日本の美意識は自然から由来しているものが多いので、左右対称なものよりは左右非対称なもの、三角形で言えば、不等辺三角形のようなバランスを好むんですよね。僕は茶道も華道もやっていませんが、同じくバランス感覚を養うために盆栽をやっています。

 造園には仏教哲学も入ってくるので、そうした勉強もします。いま、海外でも日本庭園が増えていますが、そうした知識なしに表層だけ真似たものは、見る人が見ればわかります。

――どういったところでわかるのでしょう。

村雨 極端な例だと、庭の入口になぜか鳥居が置いてあるとか(笑)。庭を作る上で、たとえば石を配置するなら、なぜその石をそこに配置するのか……ひとつひとつ根拠が必要なんですよ。

筋トレと造園の関係

――筋トレと、造園のお仕事とでつながる部分はありますか?

村雨 あんまりないんですよね。長時間の肉体労働に耐えられる点、重いものを持ち上げられる点は助かっています。でも、繊細な作業をする上ではちょっと邪魔なところもあります(笑)。体重が重いと、木に登って作業するのも大変ですし……。

あ、でも、僕は何回も木から落ちているんですけど、大してケガをしなかったというのも、身体が丈夫なおかげかもしれない。

――想像するだけで危ない! 庭師さんは結構落ちるものなのですか?

村雨 庭師なら経験があると思います。たまたま脚を置いた枝が枯れているとか、脚立の安定が悪くてそこから落ちたりとか、不注意が原因のことが多いんですけどね。日本庭園は大きな庭石がたくさんあるので、当たりどころが悪いと大きなケガにつながってしまいます。

庭師のしごとではあまり役に立っていませんが(笑)、活動に注目していただくきっかけになっているので、筋トレはしていて良かったなと思います。

――もし村雨さんが「理想の庭」を作るとしたら、どのような庭になりますか。

村雨 日本庭園の代表的な要素がたっぷり詰まった、コテコテの和風庭園ですかね。枯山水や滝、亀島や鶴島を作るのもいいし、松をたくさん植えるのもいい。莫大な金額がかかってしまいますが(笑)。仕事をしているとどうしても現実的になってしまうので、ついつい自分の作りたかった庭を忘れちゃうんですが、忘れないようにしたいものです。

――先ほど、東京に来て、日本庭園を手がける割合が減ったと言っていました。

村雨 テレビに出演して日本庭園の素晴らしさを語ると、「いいね」と言ってくださる方は多いんですが、実際に顧客との相談段階では「さあ、日本庭園を作ろう」とはなかなかならない。やっぱり石は片付けてほしい、灯籠は片付けてほしい……難しいですね。

日本庭園が増えない理由

――なぜ、日本庭園は人気がないのでしょう。

村雨 そもそも、庭って家についているものなので、家に合わないとダメですよね。いくら日本庭園が素敵でも、家が洋風だったら合わない。日本庭園にこだわると、人間を見ずに、服選びをしてしまう、というようなことになってしまうので……。

――たしかに! いま新築で日本家屋を建てる方なんて、ほとんどいないですものね。

村雨 そうなんですよ。それに、日本庭園に対してネガティブなイメージを持っている人も多い。管理が大変だとか。若い夫婦でいらっしゃって、夫のほうは「日本庭園もいいじゃないか」と言うんだけれども、妻のほうが「絶対嫌だ」と反対していて、よくよく聞くと妻の実家が亭主関白なおうちで、お母さんが日本庭園の草むしりで大変な思いをされていたのを見てきた経験があった、ということもありました。

 でも、モダンな家でも、うまく日本庭園を取り入れる方法はあります。石を使ったりして、和の庭にあるような自然要素を取り入れてみたり、日本の樹を使ってみたり。彫刻の入ったコテコテの和風の灯籠じゃなくて、ラインがなめらかな、シンプルな灯籠を取り入れる方法もありますよね。雑草にしたって、いまは防草シートを敷くとか、いろいろな対処法があるんですよ。

「日本庭園は大変じゃないよ!」ということは声を大にして言いたいです(笑)。

日本文化は「出る杭」だ

――村雨さんの、日本文化への愛を感じます。

村雨 僕から見ると、日本という国は特別なものをたくさん持っている国なんです。西洋では「出る杭こそ素晴らしい」という考え方があるので、みんな自己主張が激しい。でも、グローバルに考えたら、日本はわざわざそんなことをしなくても、飛び出ているような特徴や文化を持っている。そこが魅力なんです。

 そうした文化が、失われつつあるのではないかと僕は危惧しています。失われてしまったら、あまりにもったいない。だから、「これは素晴らしいものなんだ」ともっと多くの方が気づけたらいいなと思いますね。

(「文春オンライン」編集部)