ネパールの首都カトマンズで、エベレスト登頂に向けてトレーニングに励むフルディキ・シェルパさん(左)とニマ・ドマ・シェルパさん(2019年2月12日撮影)。(c)PRAKASH MATHEMA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ネパールの伝説的な少数民族シェルパ(Sherpa)の間では、登山は確固として男性の領域であり、女性の役目は夫がヒマラヤ(Himalaya)山脈を征服しに出かけている間、その留守を守ることだった。

 だが今、この伝統に対し、挑戦状が突き付けられている。山で夫を亡くした2人の女性が、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)登頂を試み、保守的な共同体に、夫亡き後の妻の役割の再考を迫っている。

 シェルパ族の2人の女性、フルディキ・シェルパ(Furdiki Sherpa) さんとニマ・ドマ・シェルパ(Nima Doma Sherpa) さんは、高地登山ガイドとして称賛を受ける技能の持ち主だ。2人ともこれまで、世界最高峰への遠征に出かけることになるとは夢にも思っていなかった。だが短い登山シーズンの到来を迎えた4月、彼女たちはまさにその準備に取り掛かっている。

 フルディキさんは「男たちは山に登る。私たちには別の仕事があった。私は茶屋を営み、家族の世話をしていた。山に登るなんて考えてもいなかった」とAFPの取材に答えた。

 それは2013年、エベレスト登頂を目指す登山者のために補助ロープを取り付けていた夫を失ったときに一変した。

 これまでのシェルパ族の多くの女性たちと同じように、フルディキさんは突然、3人の子どもを養育する稼ぎ手を失った。ネパールで夫を失った女性に付いてまわる不幸の烙印(らくいん)を押された。

 その1年後、同じような悲劇を経験したニマ・ドマさんとつながるようになった。ニマ・ドマさんの夫はエベレストで起きた雪崩で、ネパール人ガイド15人とともに命を落としていた。「夫が死んでから何か月もの間、夫との思い出にひたり、家でただ泣き暮れていた。でも家族や自分の面倒もみなければならない。夫を亡くした中で、容易ではなかった」とニマ・ドマさん。

 仕事が必要だった2人は、首都カトマンズでトレッキングガイドの職を探し始め、地元の仏塔で亡き夫のために火をともしていた時に出会い、やがて顔見知りになった。「お互いの経験や悲しみを打ち明けるようになり、どう生きるべきかを話し合うようになった」とフルディキさん。

 アマチュア登山家のトレッキングのガイドを何度か手伝った後、2人は本格的な登山訓練を開始。まもなくエベレスト登頂計画が具体化した。そして昨年11月、2人はアイランド・ピーク(Island Peak)とチュル・ファーイーストピーク(Chulu Far East Peak)という6000メートル超の困難な山嶺(さんれい)の登頂に成功した。

 エベレストへの「夫を亡くした2人の妻による登頂(Two Widow Expedition)」を企画する登山会社、アン・ヒマラヤ・アドベンチャー(Angs Himalayan Adventure)創立者でベテランガイドのアン・ツェリン・ラマ(Ang Tshering Lama)さんは、「彼女らは山育ちだ」「2人は登山家としてとても強く、意志が固い」と太鼓判を押す。

■二重の困難

 ヒマラヤ登山に関する記録をまとめた「ヒマラヤン・データベース(Himalayan Database)」によると、登頂を達成したシェルパ族は、男性では約4000人いるが、女性はわずか34人だ。

 女性登山家のラクパ・シェルパ(Lhakpa Sherpa)さん(44)は、エベレストを9回制覇したことで知られているが、今なお極めて例外的な存在だ。

 シェルパ社会は、ネパールの他の多くの民族集団と同様に保守的で家父長的だ。男が山に出ている間、妻や娘は家の中の火を絶やさないことを求められている。

 だが、ヒマラヤン・データベースによると、エベレストでの死者の約3分の1は、ガイド役を務めるシェルパだ。「男性の働き手を失った女性は苦悩し、困惑する」と語るのは、山岳労働者の遺族を支援する非営利団体、ジュニパー基金(Juniper Fund)のツェリン・ドルカー・シェルパ(Tsering Dolker Sherpa)氏だ。「彼女たちは大抵、夫に依存し、教育を受けていない。なのに突然、家族を養う責任に直面するのだ」

 悲嘆と苦悩に加え、困難な事態の立て直しを迫られた女性たちを二重に襲うのは、夫を亡くした妻に対する否定的な態度だ。夫を亡くした妻は悪運とみなされ、締め出される共同体もある。

 プロガイドとして活動する女性、ダワ・ヤンズム・シェルパ(Dawa Yangzum Sherpa)さんは「フルディキとニマ・ドマはこの業界に足を踏み入れたことで、二重の困難と闘っている。女性として、そして夫を亡くした妻としての困難だ」と語る。

 フルディキさんとニマ・ドマさんは、差別に耐えてきた他の似た境遇の女性シェルパらに会ったことで、エベレスト登頂を成し遂げる決意が強くなったと語った。

「私たちはエベレストに登ることで、夫を亡くした女性や独身の女性に伝えたいメッセージがある。私たちは他の誰にも劣っていない、何だって成し遂げることができる、ということです」とニマ・ドマさんは語った。

【翻訳編集】AFPBB News