AbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ番組 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109 が4月15日(月)、よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。

 #109では“ブス枠”ゲストとして、オアシズ・大久保佳代子、にゃんこスターアンゴラ村長らが出演。“美人枠”にはモデル・高田秋も出演し、その他のブスゲストとともに、「紅一点ブスあるある」についてトークを展開する。

 アンゴラ村長は「お笑いの世界は男性が多いから、気づいたら紅一点になりがち」と語り、そんな中で「性を武器にしたくない」ときっぱり。「そういう(性を武器にしている)女芸人さんを見て、何度も自分を戒めている」と芸人のプライドを見せる。

 この日、“ブス枠”で出演する芸人・あべみなは、まさに性を武器にネタを展開するタイプ。アンゴラ村長はかつてライブで共演したあべみなの様子を振り返って、「女芸人が好きというお客さんが集まっていたライブで、ネタを飛ばしてもヘラヘラして笑いを取っていた」「売れる気あるのかな? と思った」と批判し、「女性」を武器に甘えていると感じたことを語る。

 アンゴラ村長はさらに、「紅一点ブス女芸人の行く末」を危惧しているとコメント。出待ちのお客さんに身体を寄せて写真を撮る過剰サービスや、肌を露出する衣装で下ネタを繰り出すなど、迷走していく女芸人を見るたびに、「客に甘やかされている」「ライブで何を言っても笑ってもらえるから、面白いとかつまらないとかがわからなくなる」「芸人として終わって行って、最終的に芸人を辞めちゃうんじゃないかな」と冷ややかな視線を送っていると語る。

 アンゴラ村長の話を聞いて、矢作は「ストイックなんだな!」「真面目なんだな」と感心。紅一点になりがちなお笑い界で、女芸人としてではなく、あくまで一芸人として勝負しようとするアンゴラ村長の意外な一面が明らかになる。

  『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109 は、4月8日(月)よる9時より、AbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

(c)AbemaTV