次はスマホにポップアップ・ディスプレイがくる!? OPPOの謎特許が判明
中国OPPOがポップアップ/スライドディスプレイを搭載したスマートフォンの特許を出願していることが、海外報道により判明しました。もしかしたら、将来のスマートフォンはこんな姿になるのかもしれません。

オランダ語テックサイトのLetsGoDigitalが公開した、今回の特許イラスト。イラストのうち片方は本体上部から小型ディスプレイがポップアップする端末、そしてもう片方は本体下からセカンドディスプレイがスライドする端末が解説されています。

「ポップアップ・カメラ」を搭載したスマートフォンはOPPOだけでなく、すでに複数社から投入されています。それがポップアップ・ディスプレイなら......たとえば全画面でゲームや動画を楽しんでいる最中に、テキストやメッセージを閲覧するといった使い道が想定できそうです。

一方、スライドディスプレイは単純にディスプレイの表示面積を増やすことができます。すでに中国ファーウェイや韓国サムスンは折りたたみスマートフォンを発表していますが、これらには折りたたみ可能な有機ELディスプレイや特殊なヒンジ構造など、本体コストを押し上げる要素が多数存在します。一方スライド式なら、現在のスマートフォン+α程度の値上げで、ひと繋がりではありませんが大画面が実現できます。

OPPOは10倍ハイブリッドズームを搭載したスマートフォン「Reno」を発表するなど、技術的にかなり先進的な取り組みを続けています。今回のポップアップ・ディスプレイ機構も、もしかしたら日の目を見る日がくるのかもしれません。