(c)MBS

写真拡大 (全7枚)

救急車で搬送される患者の受け入れ数が日本一多い神奈川県の湘南鎌倉総合病院。他の病院の3倍近い年間約1万4000人を受け入れ、多いときは10分に1台の救急車が到着するER(救命救急センター)を率いているのが40歳の山上浩だ。3月24日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」では、怒涛の日々の中でも3交代制のシフトを徹底して職場環境の向上を図る山上流の「働き方改革」や、搬送されてくる患者の大半を高齢患者が占める救命救急の現実を伝えた。

"たらい回し"は絶対にしない。ベッド5床で40人近く同時受け入れも

ひっきりなしにサイレンが鳴り響く湘南鎌倉総合病院の救命救急センター(ER)。
山上がセンター長を務めるこちらの病院は、いかなる状況であれ決して患者を断らないことで知られている。ベッドはERには5床しかないが、最大で同時に40人近く受け入れたこともある。
患者の"たらい回し"が問題視される今、このような病院は稀有だろう。

この日、運ばれて来たのは90代の女性。
自宅の階段で足を踏み外し頭を打ち、額に大きく傷口が開いていた。

(看護師)「はい、洗いますね〜。大丈夫ですか?」

外科医を煩わせることなく、山上は直ちに自分で傷の縫合を進める。

(山上)「難しいなぁ...」

難しいと言いつつ、あっと言う間に30針の縫合を終えた。

搬送されてくる患者は圧倒的に高齢者が多い。 90代の女性はカラオケ店で転倒し足を骨折した模様だ。高齢者の搬送は骨折によるものが最も多い。

(山上)「カラオケ、何歌ったんですか?ちなみに一番得意なのは何です?」
(患者)「君が代」

あははと、場が和む。ヒリヒリするような現場にあって終始穏やかな自然体。
"どんな状況でも全ての患者を受け入れる"
山上がそう決めた理由は、過去の苦い経験にある。

内科医から救命救急医に転身した理由

1979年福井県でサラリーマン家庭に生まれた山上は、福井大学医学部在学中に自身が不整脈を患ったことから、心臓を診る循環器内科医を目指した。
だが卒業後、内科医として当直勤務をする中で、医師としての非力さを痛感したという。

(山上)
「当直していると、子供のケガや交通事故の救急要請などで救急車から受け入れを依頼されることも多かったんですが、内科医の僕には子供のケガも診ることが出来なくて...。あの当時は救急車を断っていたんです。でも、このままじゃダメなのかなと。僕が考えている医者というのはそういう医者じゃなかった」

一念発起して現在の病院に移り、救命救急の世界に身を投じた。

患者を断らないための山上流「働き方改革」

山上は救命救急医としての経験を積みながら、患者を断らないためのシステム作りに着手した。
まずは過酷な職場になりがちな救命救急の最前線に3交代のシフト勤務を導入し、8時間勤務を守るように徹底した。その結果、男性医師が多いERとしては珍しく、所属する20人のうち6人が女性医師だ。これは「働きやすい」ということだろう。

山上の努力は他にもある。本来は消防署に勤務しているはずの救急救命士を病院で独自に雇用し、患者受け入れの窓口対応を任せていた。

(山上)「彼は熱海消防というところで働いていたんです・・」

他の病院では医師が窓口対応するのが一般的だが、医療の知識も備えている救急救命士が担当することで、医師は治療に専念できるようになった。
こうしたシステムは全国でも珍しいという。

更に、救急では手に負えない重篤な患者を迅速に治療出来るよう、他の科の専門医が24時間体制でバックアップしている。
こうした体制づくりが功を奏し、湘南鎌倉総合病院の救命患者の受入数は格段に向上した。

「延命は望まない」高齢者への救急医療の現実

この日、運ばれてきたのは介護施設に入所している80歳近い男性だった。元々重度の心臓疾患があり、認知症の進行も認められるという。心肺停止状態だったが、山上は直ちに蘇生に取り掛かる。
エコーで確認しながら男性の生還への道を探っていくが、男性の妻と連絡が取れると状況が一変した。
妻は「回復の見込みがなければ、延命措置を望まない」という。
高齢化が進む現在、このようなケースは決して少なくないそうだ。

その後も手を尽くしたが、男性に蘇生の兆しは訪れなかった。

(山上)「・・・じゃぁ、中止します・・・」

こんな時、山上は複雑な思いにとらわれるという。

(山上)
「我々の仕事としては救命第一というのは変わらない。ただ何でもかんでもやることが正しいかどうかっていうことですよね。それをご本人が望んでいるのか」

救命救急医は患者と向き合いながら、同時に世の中の現実とも向き合っていた。

他の病院が拒否した"ブラック患者"

「絶対に断らない」山上のもとには、当然厄介な背景を背負う患者も運ばれて来る。
過去に他の病院で暴力行為があり、受け入れ先が他に見つからなかったという食道静脈瘤破裂の42歳の男性。

(山上)「近隣病院では、所謂ブラックリストと言って問題のある患者として受け入れ先が無かった。うちが断ったら本当に行くところがなくなって命を落とす可能性がある...」

けれど医学的には緊急事態だ。救急だけでは対処できないため、直ちに内科と消化器の専門医も駆けつけ、内視鏡を使った止血処置が始まる。

(患者)「あーーーーーーーーーーーーーー」

過去の行いはどうあれ今、命の危機にある患者。スタッフの誰もがベストを尽くしていた。
出血箇所をゴムバンドで縛り見事止血に成功。一段落すると同時に、大げさなほどのねぎらいの言葉をスタッフにかけていた。

(山上)「ありがとうございました、さすが!」

(女性看護師)「山上先生がやりたいことが出来る環境を作ってあげたいと思ってる」

(山上)「...看護師の鑑のような人ですね。だてに年取ってないですよね。あははは」

院内の誰もが山上を応援したいと思っている様子が伝わって来る。
彼らのサポートや心意気に全幅の信頼を置いているからこそ、山上はどんな患者でも受け入れることが出来るのだろう。

深夜0時からの8時間勤務が終わり、山上は妻が待つ家に歩いて帰る。
ゆっくり休んでリフレッシュ。
次の勤務は二日後、朝8時からだ。

「情熱大陸」はスポーツ・芸能・文化・医療などジャンルを問わず各分野で第一線を走る人物に密着したドキュメンタリー番組。MBS/TBS系で毎週日曜よる11時放送。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
「情熱大陸」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。