タレントのベッキーが、4月10日放送の『東野・岡村の旅猿〜プライベートでごめんなさい〜』(日本テレビ系)に出演した。

 たびたび番組に登場する常連だが、片岡治大コーチとの結婚後の初出演とあり、冒頭で東野幸治と岡村隆史から「おめでとうございます」と祝福される。

 2018年4月に出演した際は、3人で伊勢神宮の猿田彦神社を訪問しており、2人をそっちのけで長時間に渡って真剣に拝み続ける姿が放送されていた。岡村は「ほんまにやりすぎ、お願いしすぎやで」と、思わず突っ込みそうになったと振り返る。

 ベッキーによると、初めて片岡に会ったのは参拝から「数週間後」。そのあとすぐに交際をはじめ、2019年に2月に結婚を発表した。

 ここまで大きなご利益があるとは本人も予想していなかったようで、「お願いの時間と比例して(幸福が)来るんだみたいな(笑)」と発言。

 東野も「実際に願いが叶ったんだからすごいね」と嬉しそうだ。ベッキーは「びっくりした。本当に感謝しています」と、番組に手を合わせてお礼の言葉を述べた。

 東野から夫婦喧嘩について話題を振られると、「私、絶対に謝ります。たまに『私は絶対悪くない』っていうときもあるけど、自分の悪いポイントを探して謝る」と明かす。

 ここで独身の岡村から「『この人と結婚しよう』って思った一番の決め手はなんなの?』と聞かれ、「(写真を見て)会う前から(結婚を)思っちゃった」と回答。これには共演者、スタッフ一同、驚嘆せざるをえない。

 ベッキーはもともと片岡の現役時代ついてほとんど知らなかったが、「伊勢神宮に行った2週間後にたまたま写真を見たら、急に(彼の)おじいちゃんになった姿が思い浮かんだ」と不思議そうに説明していた。

 交際期間中、ハフポスト(2018年12月10日)のインタビューで、「存在自体がお守りみたい」と片岡を評しているベッキー。『旅猿』でのお参りが、彼女を幸福へ導いてくれたようだ。