ショッピングの合間に娘とオープンカフェで休憩する真木

写真拡大

 都内の閑静な住宅地の細い路地を軽快に走る1台の高級車。やがて瀟洒な邸宅の前で停まると、先に助手席から降りてきた小学生の女の子が慣れた様子でインターホンを押し、家の中に入っていく。母親同士らしき2人は軽く挨拶を交わすと、再び車は走り去った──。

【写真】子供を連れて自転車で出かける木村カエラ

 どこにでもあるママ友関係の一コマのようだが、高級車の持ち主は真木よう子(36才)。預かったママは木村カエラ(34才)だった。しばらくすると、カエラは子供を伴って、近所にお出かけ。すっかり真木の娘を“預かり慣れている”様子である。

「真木さんの娘さんとカエラさんの息子さんは1才違いで、自宅が近いこともあり、よくお子さんが遊びに来ているようです」(真木の知人)

 真木は2008年11月に元俳優の片山怜雄(37才)と結婚し、2009年5月に長女を出産。片山は木村カエラの夫・瑛太(36才)と親友で、家族ぐるみで親交が深かった。

「ドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)で共演した瑛太さんとの“親密すぎる仲”が話題になりました。撮影現場での親しげな様子だけでなく、当時は瑛太さんも真木さんもそれぞれの自宅にほとんど帰っていなかったようで、別居説も囁かれたほどでした。

 でも、それは仲がいいがゆえの誤解で、むしろカエラさんが2010年と2013年に出産してからは、子供の年が近いことで、真木さんとカエラさんはさらに関係を深めていったそうです。

 結局、真木さんは2015年に離婚しますが、家族ぐるみのつきあいは続いているようです。夫同士には距離ができても、ママ同士は子供を通じて関係が続きやすいんでしょう。

 真木さんは昨年9月、マネジメントを大手事務所に委託し、女優業に再び力を入れている。ひとりで子育てをするのが難しく、そこで頼っているのが元夫とカエラさんなのでしょう。平日、学校がある日は片山さんが夕方まで娘を預かり、夜に自宅に送り届けています。家が近所のカエラさんを頼ることもあるようです」(芸能関係者)

 今年1月期のドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜』(テレビ東京系)で約1年半ぶりに連ドラ主演を果たすなど、本格的に仕事に復帰した真木だが、その陰にはカエラのようなママ友の支えがあったようだ。

 芸能人ママ同士で支え合うケースがある一方で、芸能人であるがゆえにママ友トラブルに巻き込まれてしまうこともある。ある芸能関係者はこう話す。

「辻希美さん(31才)がブログに子供の写真をアップした時、他の子供も写り込んでいたため、幼稚園のママ友から顰蹙を買い、渡辺美奈代さん(49才)も子供を幼稚園に入れた直後に、アイドル時代の水着写真が原因で“こんなお母さんを入れていいのか?”とやり玉に挙げられたことをテレビ番組で告白しました。芸能人は一般のママたちの間に入るとどうしても浮いた存在になりがち。溶け込むのは難しい。

 だからこそ、芸能人ママ同士は助け合おうという気持ちが強い。真木さんは子育てと真剣に向き合っているし、カエラさんもそれを理解している関係。だから長年いいママ友関係が続いているのでしょう」

 冒頭の1週間後の日曜日、真木は、娘と一緒にショッピングセンターに出かけ、オープンカフェでお茶とデザートを楽しんでいた。働くシングルマザーとして育児にも手を抜かない真木だから、周囲も支えてくれるのだろう。

※女性セブン2019年4月25日号