桜田義孝前五輪相は衆院本会議を欠席した=2019年4月11日午後1時17分、岩下毅撮影

写真拡大

 塚田一郎・前国土交通副大臣に桜田義孝・前五輪相と続いた「辞任ドミノ」に対し、野党は国会論戦で安倍晋三首相の任命責任に照準を絞る構えだ。

 11日には今国会初の党首討論(QT)を開くことで与党と合意。首相が出席する集中審議の開催も求めていく。

 立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は11日、党会合で「桜田大臣をかばい、適材適所ということで大臣にとどめてきたのは誰か。問われるべきは安倍総理の任命責任だ」と指摘。直前に塚田氏が「忖度(そんたく)」発言で辞任したことに触れ、「単に一人ひとりの資質の問題ではなく安倍政権全体の体質そのものだ」と強調した。

 野党は塚田・桜田両氏に加え、口利き疑惑が報じられた片山さつき地方創生相らにも追及の矛先を広げていく構えを見せる。