麻生太郎副総理

写真拡大

 保守分裂となった7日投開票の福岡県知事選は、麻生太郎副総理兼財務相がごり押しで自民党推薦の看板を据えた新人の武内和久氏(47)が、3選を期した現職の小川洋氏(69)に惨敗を喫した。最大の敗因は、麻生氏の私情も見え隠れする強引な武内氏擁立に対して、身内の自民党議員や支持団体から大きな反発を招いたことだ。もはや福岡県での「麻生1強」体制の瓦解は避けられそうにない。「おごる麻生は久しからず」である。

 選挙中、自民党やマスコミ各社の調査などでは、「トリプルスコアで小川氏リード」とされていた。開票を待たずして勝負あったかの様相だったが、結果はやはり94万票余りの大差で小川氏に凱歌が揚がった。NHKも開票速報で午後8時とともに「当確」を報じた。まさに、麻生氏への「政治的死」を突きつけるような瞬殺だった。

麻生太郎副総理

「敗軍の将」たる麻生氏は7日夜、支援者らを前に「当選させられず誠にふがいなく、われわれの力不足だった。おわび申し上げる」と頭を下げた。自身が置かれた立場を覚悟しているのか。いつになく殊勝な態度だった。

 福岡県での主要選挙で麻生氏が「保守分裂」に陥れたり、その寸前に至るまで混乱させたりした“主犯”となったのは、今回の知事選が初めてではない。

「私怨」が招いた分裂

 まずは2011年4月の知事選。自民党県連は当初、県議団会長擁立を内定したものの、麻生氏が「後出し」で自身の内閣で内閣広報官を務めた小川氏の擁立を主張し、調整は難航を極めた。結局、県連側が身を引き、小川氏が初当選を果たした。

 麻生氏の地盤である嘉麻市で行われた昨年3月の県議補選でも横やりが入った。自民党現職県議の死去に伴う補選であり、その事実上の後継者出馬が、規定路線となっていた。しかし、麻生氏の肝いりで元秘書が割って入ったため保守分裂を招き、結局、元秘書は落選の憂き目を見た。

 今年1月の北九州市長選でも麻生氏は、4選を目指す現職の北橋健治氏の対抗馬擁立を模索した。北橋氏は元民主党衆院議員で、前回2015年の市長選では自民党の推薦を受けて3選を果たし、同党が引き続き支援する流れと見られていた。しかし、それを甘受できない麻生氏は昨年11月、東大卒の北橋氏を「人の税金を使って学校に行った」と露骨に批判するなど「北橋降ろし」に動いた。最終的には麻生氏も矛を収め、北橋氏が自民党の推薦を得て4選を果たした。

 そして今回の知事選での保守分裂への導火線となったのが、鳩山邦夫元総務相の死去を受けた2016年10月の衆院福岡6区補選だ。「弔い」を期す鳩山氏の次男・二郎氏と麻生氏が推す候補が激突する構図となった同補選。自民党県連は麻生系候補の推薦に動いたが、二階俊博幹事長が拒否した。結局、新人2人がともに無所属で戦い、当選した二郎氏がその後、自民党および二階派入りした。自民党関係者が声を潜める。

「小川氏は過去2回の知事選で自民党の推薦を受けていた。ところが麻生氏は、この補選で推した候補を、自分の子飼いと見なしていた小川氏が支援しなかったことなどに激怒し、『小川降ろし』に傾いた」。つまり麻生氏の小川氏に対する「私怨」や「私憤」が、保守分裂に陥れたというわけである。

“ダメ押し”の忖度発言

 小川氏は昨年12月下旬に3選出馬を正式表明した。別の自民党関係者によると、麻生氏は側近の自民県連幹部を動かして、意中の元厚生労働官僚・武内氏の県連推薦を決める一方、安倍晋三首相はじめ党本部執行部に「推薦が取れないなら副総理を辞める」と凄み、武内氏の党推薦をもぎ取ったという。党独自の事前調査でも「負け戦」同然の選択であり、麻生氏の“暴走”だった。

 むろん、道理に欠く麻生氏の手法が、身内の反発を惹起しないわけがなかった。二階派中堅で党副幹事長の武田良太衆院議員らが、公然と小川氏支持を打ち出した。その数、福岡県選出の衆院議員11人のうち、二階派の3人を含む6人に上った。党の決定に背く「反党行為」であるが、「小川いじめ」とも受け取れる麻生氏の動きに疑念を抱く「県内世論」も彼らを後押しした。

 自民党関係者によれば、麻生氏サイドからは「造反者に対しては次期衆院選で党が公認しない」と“脅し”ともいえる情報が流されたという。しかし県内では、日を追うごとに「反麻生包囲網」が広がる。「麻生1強」の流れを崩したい古賀誠元幹事長や山崎拓元副総裁ら福岡県の有力OBも、小川氏支援に回った。地元経済界や自民党支持団体の多くも小川氏を支え、公明党・創価学会も同調した。

 麻生氏への“ダメ押し”となったのが、選挙戦終盤の4月1日に行われた武内氏の集会で、麻生氏の元秘書で麻生派所属の塚田一郎前国土交通副大臣が地元の道路建設をめぐり安倍首相と麻生氏に「忖度した」と発言し、同5日に副大臣辞任に追い込まれたのだ。麻生氏も「万事休す」となった。

「今回の知事選を含む一連の県内選挙で、麻生氏が唯我独尊よろしく自身の主張を強引に通してきた背景には、安倍首相から特別扱いされている自負と傲慢さがあるのではないか」。自民党閣僚経験者はこう手厳しく指摘する。

 麻生氏といえば、これまでも失言や暴言を繰り返して政局を混乱させてきたが、安倍首相に絶えず守られてきた。菅義偉官房長官とともに2012年末の第2次安倍政権発足以来「内閣の屋台骨」とされ、政権運営上、頼らざるを得ない存在だからである。昨年10月の自民党・内閣人事で、首相が周囲の不安を押し切って麻生氏を続投させたのも、最たる例だ。「安倍1強」を謳歌する首相の右腕たる麻生氏は、政権にとっては「切るに切れない」のである。そんな環境に麻生氏が安住してきたということだ。

 しかし、今回の知事選での麻生氏の蹉跌は、安倍政権の政権運営に大きな後遺症を残すことは間違いないだろう。麻生氏に対する責任論もさることながら、今年最大の政治決戦となる夏の参院選に向けて、党内の結束を再び固めるのも容易ではない。

「昨今、安倍政権から露呈し始めている『1強』の緩みや慢心が、福岡でも表面化したということだ。麻生氏を放任してきた首相の責任も大きく、福岡での『麻生1強』の落日は、中央での『安倍1強』の瓦解につながりかねない」。自民党関係者はそう天を仰いだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月9日 掲載