大手フェイクニュースサイト「netgeek」がついに提訴されました。

千田有紀武蔵大学社会学部教授がYahoo!ニュースの記事上で、netgeekを東京地方裁判所に提訴したことを明らかにしています。
私は今日、2019年4月8日フェイクニュースサイトであるnetgeekを、永江一石さんたち5人と、東京地方裁判所に提訴した。
(私たちはなぜnetgeekを提訴したのか フェイクニュースの問題点(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュースより引用)
この集団訴訟の方針は昨年BUZZAP!でも報じましたが、netgeekのデマで名誉を毀損された経験があるストラテジスト・永江一石氏が2018年11月に被害者の会でnetgeekに対する集団訴訟を起こす方針を表明しており、公式ブログ上で原告団に加わりたい人物の募集も行われています。
【拡散】netgeekの運営会社情報大公開と、被害者集団訴訟のお知らせ|More Access! More Fun!

以下は永江一石氏が自身のツイッターで公開したnetgeek運営会社の謄本。大内彰訓さんが代表を務めるinnovator’s base(京都府福知山市)という会社が運営しています。
ちなみに法人の登記は公開情報のため、個人情報には該当しません。

本件に関して本日16時から司法記者クラブで記者会見が行われるとのこと。

永江氏は本日の集団提訴について以下のようにツイートしており、報道各社が強い関心を持ち、夕方のキー局のテレビニュースで取り上げられる可能性が高いとのこと。

netgeekは、かつて自民党の長尾敬衆議院議員が「日テレ・フジ・TBS・テレ朝の16番組以上を1つの制作会社が担当して偏向報道やりたい放題。日本は乗っ取られた」(魚拓)というフェイクニュースを鵜呑みにし、「拡散!情報戦です!」と拡散して謝罪に追い込まれるなど、国会議員にまで影響を与えた大手フェイクニュースサイト。

今回の集団訴訟で多くの国民がこのサイトの本質に気付くことになるのでしょうか。
【4/8 20:00追記】
netgeekが悪質なフェイクニュースサイトとして全国的に知れ渡ることとなったようです。報道内では原告男性の「集団リンチを見せて見物料を取っている」という極めて的を射た指摘も紹介されています。
まとめサイト運営側を“フェイク記事”で提訴 驚きの編集マニュアルが…(日本テレビ系(NNN))

【大内彰訓(腹BLACK)さん運営の大手フェイクニュースサイト「netgeek」提訴、集団訴訟でキー局ニュースに】を全て見る