幕張メッセで4月5〜7日に開催された「クルマを中心とした大人の趣味人が集う3日間」、オートモビル カウンシル2019。

国内外の自動車メーカーやアンティークブランドのコーナーのなかで、異彩を放っていたのが、日本車メーカー/ブランド5社共同「百花繚乱 80’s」フロア。

「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛する全てのみなさまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見すえ、日本の自動車文化を育んでいきたい」というトヨタの想いに、日産、ホンダ、スバル、レクサスが賛同。

「百花繚乱80’s」というテーマのもと、各社を代表する1980年代の名車を展示した。

<展示車両>
・日産 フェアレディ Z Z32 型
・ホンダ シティ・カブリオレ
・スバル アルシオーネ / スバル レガシィ ツーリングワゴン
・トヨタ カリーナ ED / トヨタ MR2
・LEXUS LS400

日産 フェアレディ Z Z32 型

ホンダ シティ・カブリオレ

スバル アルシオーネ

スバル レガシィ ツーリングワゴン

トヨタ カリーナ ED

トヨタ MR2

LEXUS LS400