参院決算委で答弁する安倍首相(C)共同通信社

写真拡大

「平成から令和時代へ、今後も『3本の矢』の政策を継続することでデフレ脱却を果たす」

初の国書しかも万葉集…「令和」フィーバーは戦前そっくり

 参院決算委でこう訴えた安倍首相。新元号とデフレがどう関係するのかサッパリ分からないが、庶民はそんな安倍首相の大ウソをとっくに見抜いている。

 日銀が5日発表した3月の生活意識に関する調査によると、1年前と比べて景況感が「良くなった」と答えた割合から「悪くなった」の割合を引いた景況感DI(指数)はマイナス19.2と、前回調査(昨年12月)から4.9ポイントも低下。悪化は3期連続で、DIの水準は2016年12月以来、2年3カ月ぶりの低さとなった。

 一方、日経新聞によると、18年度の海外投資家の売越額は5.6兆円と、31年ぶりの高水準となり、日銀がほぼ同額(5・6兆円)を買い入れて「相殺」していたという。外国人投資家は日本のハリボテ景気をとっくに見抜いていたワケだ。

 さらに、近く始まる日米FTA交渉では、トランプ政権が「為替条項」などを突き付け、それこそ「1ドル50円にしろ」といった無理難題を日本側に要求してくることが予想されているから、景況感の悪化はますます進むだろう。それなのに安倍政権は19年度予算で5・2兆円という過去最高の軍事費を計上し、消費増税10%も予定しているからマトモじゃない。

 新元号で景気回復なんて寝言を言っているのは政府だけ。この先、庶民を待ち受けているのは大不況なのだ。