消費税が上がる前にQRコード決済を使うべし! 主要コンビニ3社のスマホ決済の対応状況を比較してみた

写真拡大 (全3枚)

最近のスマートフォン最大の話題といえば、QRコードでのモバイル決済だ。
日本国内のスマートフォン決済では、これまではフィーチャーフォン時代から使われてきた「おサイフケータイ」などのFeliCaを利用した非接触型の決済が主流だった

それが海外で普及しているスマートフォン画面に二次元バーコードを表示して決済する「QRコード決済」が昨年から一気に増えてきている。

QRコード決済は、FeliCaに対応していないスマートフォンでも利用することができる。
・使うスマートフォンが制限されない。
・店舗側での導入も容易。
このことから、様々なQRコード決済が登場している。

この影響をもっともうけているのがコンビニエンスストア(コンビニ)だ。
現在、コンビニ決済方法は、どんどん増える一方だ。
さらに使う側からみれば、
・店舗によって使えるQRコード決済が異なる
など、便利なハズが、煩雑さから利便性が損なわれる状況も生まれている。

そこで現時点で、主要なコンビニ「ローソン」「ファミリーマート」「セブンイレブン」の3社で、対応しているモバイル決済サービスをまとめてみた。

非接触決済型電子マネー
はじめに、FeliCa技術を利用した非接触型電子マネーサービスの比較をしていく。




交通系電子マネー(Suicaなど)、iDなど、3社共通で使えるものがほとんどである。
しかしnanacoはセブン系列、WAONはイオン系列の電子マネーであるため、
nanacoは「ローソン」「ファミリーマート」では使えない。
またWAONは、セブンイレブンでは使えない。

また交通系電子マネー、iD、QuickPay以外の電子マネーサービスは、Androidスマートフォンのみの対応となっている。
このためiPhoneユーザーが利用する場合は、物理カードを利用する必要がある。

コード決済
次に、コード決済について比較する。




コード決済は2019年3月末現在の対応状況で比較した。

・セブンイレブンはQRコード決済すべてが非対応。
・LINE Payは、セブンイレブンではLINE Payカードのクレジット決済のみ。
・メルペイのコード決済はローソンのみだが、順次拡大予定。iD決済は3店舗対応。

QRコード決済は、キャッシュバックなどのメリットもあり、利用拡大している決済方法だ。コンビニ3社で足並みを揃えて対応してほしいところだ。

電子マネー・コード決済で支払いができない商品

便利なスマートフォン決済サービスだが、実は、利用できない支払いもある。
例外的に、nanacoはほとんどの支払いが可能ではあるが、それ以外の電子マネーサービスは以下の支払いができないので注意が必要だ。

・公共料金などの収納代行
・インターネットサービス(Loppi、Famiポート)
・切手、印紙など
・プリペイドカード、商品券
・宅配便
・ゴミ処理券などの金券類
・一部の自治体指定ごみ袋
・電子マネーチャージ
・コピー・FAX

レジに行ってから現金が無くて困らないように、あらかじめ電子マネーで支払いできない商品やサービスの確認はしておこう。

財布を出さずにスマートに利用できるスマホ決済は、今後も、利用できる店舗も増え、普及していくことは間違いない。

利用者にとっても、小銭など現金のやり取りが無くなるだけでも大きなメリットだ。
さらに現金での支払いより、ポイントやキャッシュバックなどの還元が多いのも、大きなメリットだ。
日常で使えば使うほど、現金支払いよりも積極的にオトクになるので、消費税が上がる前に利用できる環境を整えておくとよいだろう。


執筆 ちえ