外交部に入る長嶺大使=26日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は26日、日本政府が独島に対するゆがんだ記述を強化した小学校教科書の検定結果を公表したことについて、「歴史的、地理的、国際法的に明白なわれわれ固有の領土である独島に対する不当な主張を盛り込んだ教科書を通過させたことを強力に糾弾し、即座に撤回するよう促す」との外交部報道官声明を発表した。

 声明は「検定を通過した教科書は小学生にまで間違った歴史認識に基づく誤った領土観念を注入するもので、韓日両国の未来志向の関係発展にネガティブな影響をもたらすことを、日本政府は自覚すべきだ」と強調した。

 また、「独島に対する日本政府のいかなる不当な主張にも断固として対応していく」とし、「日本政府は歴史の教訓を直視しながら、未来世代の教育において責任ある行動を見せるべきだ」と指摘した。

 一方、外交部の李泰鎬(イ・テホ)第2次官は長嶺安政・駐韓日本大使を呼び抗議した。