文藝春秋3月号の特選記事を公開します。(初公開 2019年2月25日)

【写真】笑顔も対照的な2人


鶴瓶氏

「どうも、よろしくお願いします」

 都内某所の対談会場に入ってきた鶴瓶さんは、初対面の私に向かって、まるで昔からの知り合いであるかのように人懐っこい笑顔を浮かべた。

「文藝春秋」1月号からスタートした対談連載「松本人志 Creator×Creator」。第2回の対談相手として登場したのは、笑福亭鶴瓶さんだった。鶴瓶さんといえば「誰とでも親しくなれる」達人。一方の松本さんは「人見知り」で知られている。

 そんな対照的な2人が、顔をあわせることとなった。

 さすがは鶴瓶さん。松本さんの到着を待つ間に他愛もない雑談が始まった。私はベストセラーとなった『遺書』の連載担当をはじめ、かれこれ30年近く松本さんと仕事をさせていただいている。そのことを鶴瓶さんに伝えると、「それなら松本と、食事も時々行くん?」という質問が。「一度もない」と答えると、とても驚かれた。

 松本さんが会場に到着すると、すかさず「なんで行かへんねん」とツッコミを入れる鶴瓶さん。すると松本さんが私を見て一言。「そんな、ねえ。そんなんじゃないっすもんね」。がーん。ずっとファンなのにー!(泣)

笑いに嫉妬がない

 そんなこんなで始まった対談。松本さんが「生まれかわったら鶴瓶さんになりたい」と公言しているのは有名な話だが、その“リスペクト”を感じる場面があった。

松本 鶴瓶さんって、人間何回もやってる感じがします。普通1回とか2回、犬とかをはさむじゃないですか。それが5回くらい人間やってるから、悟ってるんですよね。

鶴瓶 おもしろないと思うもんは、おもしろないけど。

松本 出る杭を、絶対打たないじゃないですか。僕も基本的には打たないですけど、でもやっぱり「ちょっとそこまで出てこられても」って、若手に思う時期もあったから。

鶴瓶 そんなに出てくるやつおらんやろ?

松本 でもやっぱり若いときは、多少ね。鶴瓶さんはずっと、笑いに対して嫉妬がない。

客を自分色にする

 一方、東京進出の話題になると、共通点を見出すことができた。

鶴瓶 俺も最初、アフロヘアにしてワーって出て、「こいつ何?」ってところから客を自分色にしていくことがすごい楽しかったね。ものすごいベタな笑いで受けてる人の後に舞台に出て、それとは違うことをずーっとやってたら、最後には客がこっちに来るっていう。あれは、楽しい。

松本 忘れもしないのが、新人の頃の正月、(なんばグランド)花月。漫才ブームの終わりかけで普段はほとんど入ってないお客さんが、満杯なんですよ。正月は出演者がみんな忙しいから、順番がぐっちゃぐちゃで。そしたら、紳助竜介(島田紳助・松本竜介)、ダウンタウン、やすきよ(横山やすし・西川きよし)って順番のときが1回あって。

 紳助竜介が出てきたら、もちろんドカンって受ける。次、ダウンタウンっていうわけのわからんのが出てきたときの、客の残念感がすごいんですよ。でも次がやすきよだから帰れないんです。これは燃えましたよね。終わって、やすきよさんを袖で見て、勝ったなって。

芸能界を「いつやめますか?」

 終盤では、松本さんが「(芸能界を)いつやめますか?」と切り出し、話は2人の「引退」に及ぶ。深刻になってもおかしくないが、最終的には見事に笑いに昇華させた。

 他にもテーマは、人見知り、「M-1グランプリ」、某有名女優……など。リズムのいい言葉の応酬は、必見だ。

 対談の全文は「文藝春秋」3月号に掲載されている。

(矢部 万紀子/文藝春秋 2019年3月号)