空爆を受けたアフガニスタン北部クンドゥズ市の位置を示した地図。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】アフガニスタン北部クンドゥズ(Kunduz)市で先週末、「国際部隊」による空爆があり、民間人少なくとも13人が死亡、その大半が子どもだったという。国連(UN)が25日、発表した。

 空爆は22日夜から翌23日未明にかけて、同域で旧支配勢力タリバン(Taliban)と戦う親政府派部隊が展開する地上戦を支援する目的で実施された。

 国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)は、「初期調査で、死者のうち10人が子どもで、国内の別の戦闘から逃れてきた同じ一家であることが分かった」と発表した。

 アフガニスタンに駐留する国際部隊のうち、空爆支援を行っているのは米軍のみ。

 北大西洋条約機構(NATO)の報道官はAFPに対し、国際部隊が今回の問題を調査していると述べた。

 アフガニスタンでは、民間人が戦闘の犠牲になる例が後を絶たない。国連の報告書によると、昨年亡くなった民間人の数は、戦争が始まって以来他のどの年よりも多かったとされる。

【翻訳編集】AFPBB News