同意を得ずに削ろうとしたら要注意

写真拡大

 歯科治療の途中で患者が会話できない状態なのに、一方的に説明をしただけで治療を進める歯科医がいる。後になって患者が“こんなはずではなかった”──と言っても、削られたり抜かれたりした歯は戻らない。

【図解】虫歯医療の費用、こんなに変わってくる

 その発端となり得るのが「初期虫歯」だ。初期虫歯は「再石灰化」という現象によって、修復される可能性があることが分かっている。だから、すぐには削らずに口腔ケアを指導して、フッ素を塗布するなどの処置が、世界的にも基本となっているのだ。

 これを削って銀歯のインレーを填(は)めてしまうと、再石灰化のチャンスは永久に失われる。加えて、銀歯のインレーは、虫歯以外の健康な部分までも削ることになる。

 歯科医が患者の同意を得ずに歯を削ろうとした際、声を出せない状態になっていたら、手を挙げて治療中止の意思表示をするべきだ。「抜歯ドミノ」を食い止めるために、遠慮はいらない。

 表にある通り、削らない治療であれば最低限の費用で済むが、削って詰める(インレー)、被せる(クラウン)を繰り返すと、治療費はどんどん膨らむ。

●レポート/ジャーナリスト・岩澤倫彦(『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2019年4月5日号