高知県内の石造物などに採用されたことがない元号「てんせい」とは

ざっくり言うと

  • 「てんせい」と読む元号が、高知県内の石造物や文書などに残されている
  • 日本の歴史上採用されたことはなく、表記は「天晴」「天政」「天星」の3種
  • 明治前に土佐藩の一部集落で使われていたとされるが、詳細は謎だらけという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング