竹内涼真、イルカと行うミャンマーの伝統漁に挑戦!

俳優の竹内涼真がInstagramを更新し、ドキュメンタリー番組『世界ウルルン滞在記SP』で生活をともにしたミャンマーの漁師・ウーさんとのツーショットを公開。コメント欄には番組を視聴したファンから「号泣しました」といった感動の声が相次いでいる。

竹内涼真 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

竹内は3月24日に放送された『世界ウルルン滞在記SP』でミャンマーの伝統的な漁に挑戦した。同国のエーヤワディー川では野生のイルカと協力して行うユニークな漁が存在しており、今回、彼がその漁を体験。竹内はイルカがおびき寄せた魚を捕るための網を投げる役目を任されるも、重い投げ網をうまく操れずに失敗を連続してしまい、川に落ちてしまう散々なシーンも……。それでも現地の漁師・ウーさんのサポートもあって上達していき、最後にはウーさんに頼らずに漁に出て、捕った魚をプレゼントするといった感動的な場面も放送された。

世界レベルのイケメンっぷり……

番組の途中では、町の女性たちが竹内と握手をするために列を作ったり、隣町とのサッカーの試合で活躍する竹内(プロを目指していたほどの実力!)に黄色い悲鳴をあげるシーンなどもあり、竹内の世界レベルのイケメンっぷりも実感。何よりも漁にひたむきに臨む彼のピュアな気持ちが存分に収められた内容となっており、爽やか&男らしいその魅力をたっぷりと味わえる放送となった。ウーさんやウーさん家族もそんな竹内が大好きになってしまったようで、竹内が町を去るシーンは皆が号泣する感動的な展開となった。

番組放送後、竹内はウーさんやウーさんの家族と撮影した写真を公開。視聴者からも「号泣しました」「すごくよかったです」「めっちゃ感動しました」「素敵な家族ができましたね」などの声が相次ぎ、その反響の大きさを物語っている。女優・松本穂香の“世界で一番寒い町”トルトム村訪問も非常に感動的であり、ネット上では「レギュラー放送してほしい!」といった声も散見されている。俳優やタレントたちの素顔が見られる貴重な番組だっただけに、それらの声に応えてぜひともレギュラー放送を復活させてほしいっ!

耳マン編集部