EXILEのAKIRA

写真拡大

 今年1月、詩人・北原白秋と作曲家・山田耕筰の交流を綴った「この道」という映画が公開されたのをご存知だろうか。教科書に載っているお二人を扱うとは、さぞや真面目な映画なのだろう、やっぱり大コケした。

 とはいえ、実を言うとこの作品、EXILEの所属事務所LDHの映画だ。LDHが昨今、儲からないと言われる映画の製作や配給に、やたらと熱心なのはなぜなのか――。

 ***

 主演は大森南朋(北原白秋)とEXILEのAKIRA(山田耕筰)。配給はHIGH BROW CINEMAというLDH picturesの中の1レーベルだ。業界誌記者が言う。

「LDH picturesは、EXILEや3代目J Soul Brothersなど人気アーティストが所属するLDHが、“音楽や芸能の枠にとらわれずに映画の新たな可能性に挑戦し、更なるエンタテインメントを発信”するために2016年に設立した映画配給会社です。その中に、LDHならではのエンタテインメントを表現していくという『LDH PICTURES』、所属アーティストのライブビューイングやドキュメンタリーを手がける『HI-STREET PICTURES』、そして、アート系作品から海外買い付け作品など様々なジャンルを扱う『HIGH BROW CINEMA』という3つのレーベルがあります」

EXILEのAKIRA

 具体的には、17年5月20日に公開された「たたら侍」は、LDH PICTURESの配給だった。モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門で最優秀芸術賞を受賞したが、公開直後に出演者の橋爪遼が覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕されたため、同年6月9日をもって打ち切りという憂き目に遭っている(6月17日より上映館を減らして再上映)。だが、その後も、「CINEMA FIGHTERS」「Vision」「ウタモノガタリ」「パーフェクトワールド 君といる奇跡」「Jam」と公開が続いている。だが、寡聞にして大ヒットしたとの話は聞かない。

 そして今回、HIGH BROW CINEMAから配給されたのが「この道」だったのだが、

「興行収入は1億円もいっていないでしょうね。製作費は2億円以下だと思われますが、それでも興行収入は、7〜8億円は欲しいところだったでしょう。お堅そうな映画に見えますが、メガホンを取ったのは『半落ち』や『ツレがうつになりまして』などで知られるベテランの佐々部清監督。いきなり白秋の不倫シーンから始まったりするなど、決して悪い映画ではなかったと思います。ただ、LDHが製作・配給に関わっているので、キャスティングや脚本もLDHが中心となりますからね。薄っぺらな作りになってしまいがちです。また、もっと上手く宣伝すれば、もう少し入った気がします」(同・業界誌記者)

朝日新聞は大宣伝

 朝日新聞には、公開の1週間前となる1月4日夕刊に紙面の3分の1を使った広告、翌5日朝刊には瀬戸内寂聴さんと出演陣の対談を交えた全面広告、公開当日の11日には監督インタビューの記事も掲載されていた。映画宣伝の関係者が言う。

「朝日新聞も、この作品の製作委員会に参加していました。他にも、電通、小学館、TBSサービス、TBSラジオ、ローソン など大手がズラリ、そこそこ宣伝はされていたと思いますよ。ただ、派手に宣伝するような内容でもないので、宣伝の担当者も迷ったかもしれません。それでも文化事業的な色合いが強い作品だからこそ、お堅い企業も製作委員会に参加したということでしょう。LDHにとっては、興行的には失敗でも、リスクを分散できたはずです」

 失敗続きでも、LDHは今後も本格的に映画産業に参入するつもりのようだ。

「今回、プロデューサーを務めている間瀬泰宏氏は、TBSで映画『チーム・バチスタの栄光』や『嫌われ松子の一生』、『おくりびと』のエグゼクティブプロデューサーを務めた人物ですが、現在はLDH JAPANのプロデューサーとして迎えられたようです。また、自社製作のみならず、海外作品の買い付け、配給まで始めています。4月にはLDHアーティストが出演していない、米英合作のコメディ映画『僕たちのラストステージ』も公開されます。ただ、これまで経験のない海外作品を買い付けて配給するとなると、素人には興行的に難しいでしょうね。かつて吉本興業も、洋画配給に乗り出すと宣言。マイケル・ファスベンダー主演の『マクベス』(2015年:英・米・仏映画)を配給したものの、1本で終わっていますから」(同・映画宣伝関係者)

 なぜ、そこまで映画にこだわるのだろうか。先の業界誌記者は言う。

「節税対策なんて陰口も聞かれますが、CDが売れない今、上手くいけば大きな儲けに繋がるからでしょう。映画も衰退産業とは言われていますが、俳優が映画に出演してヒットしたときの効果や話題性は、いまだにテレビよりも大きいのです。CM出演にも繋がるし、ドラマに出演するときにも出演料がアップする。なにより、ネット時代となった今は、SNSの口コミ次第で大ヒットも可能になった。『カメ止め』や『翔んで埼玉』のように話題になれば、爆発的ヒットに繋がる。そうなれば、劇場公開のみならずネット配信にも繋がり、2次使用、3次使用の可能性も出て来るわけです」

 LDHの戦略は、果たして吉と出るか凶と出るか――。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月25日 掲載