今季13勝目をマークし喜ぶ小林陵侑(AP)

写真拡大

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子は24日、スロベニア・プラニツァでフライングヒルによる個人最終戦(ヒルサイズ=HS240メートル)を行い、総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が252メートル、230・5メートルの合計464・9点で今季13勝目を挙げた。

 W杯男子のシーズン13勝はプレブツ(スロベニア)が15〜16年に挙げた15勝に次ぎ、08〜09年シュリーレンツァウアー(オーストリア)が挙げた13勝に並ぶ歴代2位タイ。今季21度目表彰台も単独2位となった。

 小林陵は1回目にヒルレコードの252メートルを記録。21日に日本最長記録の248メートルを記録したが、それを4メートル上回る特大ジャンプを見せた。現在の世界最長はオーストリアのシュテファン・クラフトが記録した253・5メートル。

 小林陵は昨年11月の今季第2戦でW杯初優勝を挙げると、驚異的なペースで勝利を重ねた。年末年始のジャンプ週間では史上3人目となる4戦全勝の完全制覇を達成するなど強さを見せつけ、総合優勝を果たした。小林陵は「信じられないです。暖かくて最高のジャンプ台でした」と喜びを語った。

 ペテル・プレブツの弟、ドメン・プレブツ(スロベニア)が239・5メートル、222・5メートルの合計444・0点で2位、マルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が3位に入った。佐藤幸椰(雪印メグミルク)は14位、小林潤志郎(雪印メグミルク)が15位、伊東大貴(雪印メグミルク)は21位だった。