「iPhone 8 機種変更 特別価格1円」――いまスマホの値引きが激化している。

 値引きされているのはiPhoneだけではなく、Google Pixel 3などの最新機種も。「他社への乗り換え」「端末の購入サポート利用」「一定期間の継続契約」などの条件はあるものの、なぜここまで値引きされているのか。

 背景にあるのは、菅官房長官の「携帯料金は今より4割程度下げる余地がある」発言に端を発する、携帯料金値下げの動き。現行では「端末代」と「通信料」をセットに値引きが行われているが、これを「完全分離」させる電気通信事業法の改正案が今国会に提出された。法改正されると端末の値引きがしにくくなるため、在庫を売りたい家電量販店が値下げに動いている。

 では、スマホは今が買い時なのか。スマホジャーナリストの石川温氏は「特に今が買い。乗り換えする人にはすごくメリットがある」との見方を示すが、「4年縛りがあるauやSoftBankは考慮したうえで買うべき」だとしている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ 「新iPad mini」同じサイズでも性能“激UP” ▶︎ 「テレビはない」は通じない!? ワンセグも受信料の負担義務 最高裁が判決