「おめでとう, Ichiro.」の言葉をつづったヤンキース公式ツイッター

写真拡大

「引退おめでとうございます」――。そう聞いたら違和感を覚えるだろうか。イチロー外野手(45)の引退会見で報道陣からこの言葉がかけられ、インターネット上で議論が起きた。

「失礼ではないか」と苦言も出る一方、「メジャーの文化をよく分かってる」と理解を示す声も数多い。実際、米大リーグではこれまでも、引退する選手に「おめでとう」の言葉をかけている。

「おめでたいのかなあ」「MLBではそう言う」

シアトル・マリナーズのイチローは2019年3月21日深夜、開幕カードを戦った東京都内で会見。約60分が経過したところで報道陣の1人が、「引退おめでとうございます」として質問を切り出した。

ツイッターでこの様子を見ていたユーザーからは、

「『引退おめでとうございます』は絶対許さない」
「選手としてプレーが出来るのが1番なはずなのに... 辞めて、おめでとうございますって失礼じゃないかな」
「おめでたいのかなあ。定年まで勤めきった、とは違うし、あんまり嬉しい事じゃないし」

と違和感を示す書き込みが続出していた。背景には「引退=ネガティブなこと」という認識があるようだ。

だが、すぐにこうした声への異論も出ることになった。

「『引退おめでとうございます』は日本のファンは驚いたかもしれないけど、MLBではそう言うんですよ」
「引退を『終わり』と考える日本。引退を『次への門出』と考えるアメリカ」
「メジャーの文化をよく分かってる」
「そもそも『クビ』ではなく自分で引退を決められるところまで現役で居続けることへの祝辞」

ヤンキース「おめでとう, Ichiro」

実際、米国では「Congratulation」の言葉が各所で見られる。イチローの元チームメイトで現在マリナーズ打撃アドバイザーのエドガー・マルティネス氏(56)は21日ツイッターで「驚くべきキャリアを積んできたイチロー、おめでとう」(原文は英語、編集部和訳)と投稿。イチローが以前所属していたニューヨーク・ヤンキースのブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)も、21日付のシアトル・タイム紙で「私たちはイチローが本当に驚異的なキャリアを積んできたことにおめでとうと言いたい」(同上)とのコメントを寄せた。

細かく見れば、これらはイチローの「キャリア」に対する「おめでとう」であって、「引退」へのそれではないとも読める。ただ、引退のタイミングで祝福の言葉をかけていることからは、必ずしも引退をネガティブなものと捉えていないことが伺える。ヤンキースについては球団公式ツイッターで22日、「おめでとう, Ichiro」と平仮名を交えてつづっていた。

イチローに限った話ではない。最近では、ロサンゼルス・ドジャースなどで活躍し通算477本塁打、3166安打などの記録を残したスラッガー、エイドリアン・ベルトレー内野手(39)が18年シーズン限りで引退した時、ドジャース公式ツイッターは「エイドリアン・ベルトレーおめでとう。そして、ドジャースへの貢献に感謝します」と投稿していた。こうした例は枚挙に暇がない。

「誤解されてるけど、本当の意味は違うこともある」

「引退おめでとうございます」という言葉をかけたのはスポーツアナウンサーの節丸(せつまる)裕一氏(48)だ。同氏は会見終了直後にツイッターを更新し、「今日の会見で、僕にとっては初めて、『人間・イチロー』に触れられたような気がしました。大ファンになりました。ありがとうございます そして、引退おめでとうございます」と改めて同じフレーズを用いた。

自身の言葉がにわかに話題を集めると、節丸氏は22日昼「言葉って難しいなー。アナウンサーとしては、誰にでも分かりやすく違和感のない言葉を選びたいけど、それだけでは伝えきれない自分の想いもある。誤解されてるけど、本当の意味は違うこともある。特定の人にしか伝わらない言葉もある。相手が誰なのかもよく考えながら言葉を選びたいと思っています」と投稿。さらには、

「昨日の会見での『引退おめでとうございます』は僕からイチロー選手だけに向けた言葉です」
「『引退おめでとうございます』はイチロー選手への最大限の敬意を込めた僕の気持ちなので、イチロー選手本人に気持ちが伝わっていてくれたら十分です。聞いてた方々で分かってくれる人が分かってくれれば嬉しいですが、イチロー選手への言葉なので、気に入らない方はスルーしてください」

と発言の意図を説明していた。

結局イチローに何を質問したか

なお、節丸氏は「引退おめでとうございます」に続いて、「イチロー選手が感じてきた野球の魅力はどんなところでしょうか? それと、イチロー選手が引退して悲しんでいるファンの方々が、これからイチロー選手が出ない野球を見る上で、メジャーリーグやプロ野球のどんなところを楽しんだらいいでしょうか?」と2点質問。イチローは次のように答えていた。

「団体競技ですけど個人競技だというところですかね。野球の面白いところだと思います。チームが勝てばそれでいいかというと全然そんなことないですよね。個人としても結果を残さないと生きていくことはできないです。その厳しさが、面白いというか魅力であることは間違いないです。あと、同じ瞬間がないということ。これは飽きが来ないですよね」

「2001年に僕はアメリカに来てから2019年現在の野球は全く違う野球になりました。頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような。選手はみんな、現場にいる人たちは感じていることだと思うんですけど、どうやって変化していくのか。本来、野球は頭を使わないとできない競技なんですよ。でも、そうじゃなくなってきているのがどうも気持ち悪くて。危機感を持っている人は結構いると思います。日本の野球がアメリカの野球に追従する必要は全くなくて、日本の野球は頭を使う面白い野球であってほしいなと思います。大切にしなくてはいけないものを大切にしてほしいと思います」