イチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

イチロー全安打の打球方向を示した分布図が話題に

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が21日のアスレチックス戦を最後に現役引退を表明した。米記者はメジャーで放った通算3089安打の全打球方向の分布図を公開。芸術作品のような美しい模様が出来上がり、米ファンからは「この図最高」などと喝采が上がっている。

 イチローの凄さが一目でわかる。シングルヒットを青丸、二塁打を黄色の丸、三塁打を黒丸、本塁打を赤丸で記し、スタジアムの画像の中に書き込まれた図表。ヒットゾーンはあらゆる方向に広がっていることが、視覚的に捉えられる。

 内野安打の多さが際立ち、シングルヒットと二塁打は全方向へ飛んでいる。一方で三塁打、本塁打についてはやはり引っ張る打球方向の右中間側がほとんどだ。

 この分布図を公開しているのは、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当記者のデビッド・アドラー氏だ。「イチローは3,089本のヒットを打った。ものすごい数のヒット」と改めて驚きをツイートすると、ファンからは感嘆の声が漏れている。

ファン驚愕「逆方向への本塁打よりも内野への二塁打の方が多い」

「内野への二塁打があるぞ」
「彼は、逆方向への本塁打よりも内野への二塁打の方が多い」
「フィールドのすべてをカバーしている。彼の技術の証明だ」
「この図最高」
「尋常じゃない数の内野安打」

 日米通じては世界最多の4367安打を放ったイチロー。その功績は生涯語り継がれていくことだろう。

【イチローの安打内訳】
単打:2514
二塁打:362
三塁打:96
本塁打:117(THE ANSWER編集部)