メジャー初登板初先発を迎えたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

写真拡大

5回2死2ストライクまで行くも…タイムリーを浴びて無念の降板、4回2/3を2失点

■アスレチックス - マリナーズ(21日・東京ドーム)

 マリナーズの菊池雄星投手が21日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦(東京ドーム)でメジャーデビューし、4回2/3で無念の降板。メジャー初勝利の権利にあと1死と迫りながら、91球でマウンドを降りた。初回3者凡退の好スタートを切ると、その後も快調に飛ばして4回まで無失点。しかし、5回にタイムリーを浴びた。イチロー外野手が右翼を守る中、好スタートを切ったが、初勝利にあと1球及ばなかった。

 初回、菊池はデビューのマウンドへ。3者凡退の好スタートを切ると、2回にマリナーズが2点を先制。その裏、菊池は昨季本塁打王の先頭デービスにメジャー初四球を与えるも、ピンダーは空振り三振、オルソンはニゴロ、プロファーは空振り三振と後続を断ち無失点。ハニガーのソロ弾でリードを3点に広げた直後の3回は先頭ラウレアーノにライト前へのメジャー初ヒットを許し、暴投で二塁に走者を進めたが、ここも後続を断った。

 4回は150キロを記録するなど3者凡退の快投。しかし、5回はオルソン、プロファーに連打を浴びる。ここで投手コーチがマウンドに向かうも続投。すると、続くラウレアーノは遊直、フェグリーはイチローへの右直で2死とし、最後はセミエンにフルカウントと粘られ、センターへのタイムリーを浴びて初失点。球数が91球に達していたこともあり、ここでマウンドを降りた。

 4回2/3を4安打2失点(自責1)3奪三振1四球。勝利の権利まであと1死、あと1球と迫りながら、日本でのメジャー1勝目にわずかに手が届かなかった。

 マリナーズはその後、内野手の失策でこの回さらに1点を失うも、後続は断って1点のリードを守った。(Full-Count編集部)