10代前半の死因1位が自殺に、予防対策の強化へ 2017年の人口動態統計

ざっくり言うと

  • 2017年の人口動態統計で、10〜14歳の死因1位が自殺となっていたことが判明
  • 国内の自殺者数が減少する中で、10〜20代で改善が進んでいない状況となった
  • 政府は、若者に焦点を絞った自殺予防対策の強化が喫緊の課題となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング