強制性交致傷の罪に問われた男性「故意認められない」として無罪に

ざっくり言うと

  • 2018年に当時25歳の女性を暴行し、強制性交致傷の罪に問われた男性
  • 静岡地裁は19日、「故意が認められない」として無罪判決を言い渡した
  • 女性が暴行に反抗できなかったのは女性の精神面が関係している、と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング