Image: Google Developers/YouTube

これはヤバイやつ。ヤバすぎる。

GoogleがGDC 2019(ゲーム開発者カンファレンス)でヤバいサービスを発表しました。その名も「STADIA」。ネット環境さえあれば、どんなゲームもパソコン、スマホ、テレビでプレイできるようになります。たとえそれが超絶グラフィックを誇るゲームでも、です。

まぁ、そんなの序の口なんですけどね…。しっかりしたまとめは別記事にします(しました!)が、ここでは基本情報をお伝えします。

Googleの新ゲームサービス「Stadia」まとめ:これは歴史に残るぞ

まず、遊べる端末というか、画面の幅がめちゃくちゃ広いです。パソコンならどのOSでも(Windows、macOS、Linux, Chrome OS)ブラウザのGoogle Chromeを通じて遊べますし、Chromecast Ultraを挿せばテレビでもプレイできます。もちろんPixel Slateなどのタブレットや、Pixel 3といったスマホも対応。制覇されました。

お次はプレイ方法。専用のStadia Controller(コントローラー)でもいいですし、すでに持っているコントローラーやキーボード・マウスでもプレイ可能です。タッチ画面ならタッチもok。そして、インターネットのどこからでも、そこにリンクが貼れるのなら、そこはStadiaのゲームストアになります。リンクを踏んだら、最速5秒でゲームが起動。ダウンロードもアップデートもありません。YouTubeがとくに大きな窓口となるみたい(ゲームトレイラーを観ると「いますぐプレイ」のボタンが現れたり、ゲーム配信者と一緒に遊べたり…)。

興味深い機能としては、「State Share(状態共有)」があります。要は「あの瞬間のプレイをリンクで共有できる」機能です。いや、スクリーンショットとかキャプチャじゃないですよ。実際にその瞬間をプレイできるリンクが送れます。おかしいですね。

スペックも申し分なく(というかかなり高いぞ…)、PS4とXbox One Xを合わせたくらいか、最新グラボのRTX 2080一個分くらい。ファックです。ローンチ直後から4K画質、HDR、60fps、 サラウンドサウンドに対応します。ファックですね。

ローンチ予定は2019年中、まずはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパの大部分から。日本は未定です。早く。早く!!!

どうしよう。戸惑うくらいスゴい。ファックはごめんなさい。

Source: YouTube