大坂なおみに2憶4000万円の訴訟 弁護側は契約書の無効性を訴え

ざっくり言うと

  • 大坂なおみが、13歳のころのコーチから金銭を支払うよう訴えられていた
  • コーチは大坂の父と「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んでいた」と主張
  • 現在の20%は約2億4000万円とされ、大坂側の弁護士は契約書の無効を訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング