3月15日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、芸人同士のリアルな素顔が明かされた。

 芸人たちに匿名アンケートを実施するが、実は誰が書いたかわかる仕組みになっており、芸人たちは驚愕。

 かまいたち・山内健司は「絡みづらい芸人」に平成ノブシコブシ・吉村崇をあげ、「笑いがハネて終わったことがない。もう破天荒でも何でもないので、絡むメリットがない」と告白。吉村は「シビれますよ」とショックを受け、後輩の山内は「目が見られない」と慌てふためいていた。

 その一方、吉村は山内に「勇気、負け顔、センス……バランスよく持っている」とアンケートで絶賛。切ない先輩からの片思いに山内は「胸が苦しい、恐ろしい」と嘆いた。

 千鳥・大悟が絡みづらいのはNON STYLE井上裕介。「ツッコミが早い、正確にツッコめていない」と明かした。さらに「お前のために言うと、ボケが起きて、みんながツッコみたいけど、もうちょっと膨らましたら大きな笑いになるのに、お前が手前でバチーンと行く」とガチのダメ出しをしていた。

 また、狩野英孝、メイプル超合金・カズレーザーは、2人ともダイアン・津田篤宏が絡みづらく「大阪から上京して必死感がビリビリ伝わる」と前のめりすぎることを理由にあげた。

『ロンドンハーツ』はこれまでも数々の芸人の本音に迫り、さまざまな笑いを提供してきた。

 
 2018年6月15日放送回では、千鳥がそれぞれ相方がいない飲み会の隠し撮りで互いのコンビ愛が明かされた。ノブは「絶対、大悟のときが一番やりやすいし、たぶん大悟も『俺がこうやったらツッコミがいいのが出るんちゃうか?』ってずっと考えてやってくれてるから、そりゃ、やりやすいよな。ありがたい」と感謝を告白。

 大悟は「ひな壇に一緒に出てすごい芸人」にノブをあげ、「しょうもないことでも求められてることを言う。ワシが、『何、おもろないこと言うとんねん』って言うと成り立つ。それがわかって言ってるから」とノブをべた褒めしていた。

 芸人のガチの素顔が見られる『ロンドンハーツ』。ロンドンブーツ1号2号の田村淳、田村亮それぞれの結婚発表や出川哲朗のプロポーズなども番組内で公開してきた。

 番組は1999年4月に日曜20時枠でスタートして、2001年10月から火曜21時、2016年4月から金曜21時と移動し、この4月2日から火曜23時20分開始となる。深夜に引っ越してさらにリアルな笑いを届けてくれることに期待したい。