紅茶専門店が提供する「フリーフロー」というメニューが注目を集めています。

ムレナスティーが味わえる紅茶専門店

東京都新宿区牛込神楽坂に店を構える紅茶専門店「The tee Tokyo supported by MLESNA TEA」。

ここでは、1985年に創業したスリランカ最大級のティー・ブランド「ムレスナ社(MlesnA)」の紅茶が味わえます。

The tee Tokyo supported by MLESNA TEA/Facebook

 

The tee Tokyo supported by MLESNA TEA/Instagram

先日、あるTwitterユーザーが同店のメニュー「フリーフロー」について投稿。すると、瞬く間にツイートが拡散して話題を呼びました。

フリーフローとは、どのようなメニューなのでしょうか。

料金1000円で紅茶を

フリーフローは、紅茶を飲み干すと次々と別の紅茶がカップに注がれる飲み方です。

同店では1000円(税抜)で制限時間はなく、さまざまなフレーバーティーを楽しめるそうです。

なお、このお店ではフリーフローを「ティーフリー」と呼んでいます。

The tee Tokyo supported by MLESNA TEA/Instagram

日本の水に合ったおいしい紅茶がたくさんある

ティーフリーについて、「The tee Tokyo」の下村さんにお話を伺いました。

―― フリーフローを取り入れた理由を教えてください。

当店ではオープン時より、フリーフローを行っております。関西のムレスナグループでは、もう10年ほどになります。

ムレスナティーのフレーバーは種類が豊富で、何よりもまだまだ紅茶文化が浸透していない我が国で、日本の水に合ったおいしい紅茶が多数あることを知っていただきたいという意向です。

―― 「ティーフリー」では、何種類ほどの紅茶が飲めますか?

フレーバーの種類が、四季などを踏まえ常にリニューアルしていますが、100種類以上は常時あります。

The tee Tokyo supported by MLESNA TEA/Instagram

―― ティーフリーで味わえる紅茶を全て飲まれた方はいますか?

当店で過去最高でいうと、81種類の紅茶を飲まれた方がいました。

ムレスナグループ全てでの統計はとっておりませんが、丸1日で全てを飲みきるのは、なかなか難しいかもしれません。

―― 最後に紅茶の魅力を教えてください。

紅茶は緑茶や中国茶同様、「チャの木」から作られる行程で商品が変化します。

紅茶は茶としては非常に古い歴史があるものの、世界が乱れた時代や植民地などの問題を経て、ようやく日本でも、おいしい紅茶が楽しめるようになったことは、非常に嬉しく思っています。

最近では紅茶について、様々な学者さんが調べていて、紅茶ポリフェノールがインフルザ防止にいいことや、フッ素が虫歯予防になるというのも聞いたことがあります。

何よりもムレスナティーが提供するソフトで飲みやすい紅茶の香りは、リラックス効果が高いと好評です。

―― ありがとうございました。

The tee Tokyo supported by MLESNA TEA/Instagram

常に100種類以上の紅茶があるということで、紅茶好きにはたまらないメニューですね。

気になる方は「The tee Tokyo supported by MLESNA TEA」まで足を運んでみては。