速水もこみちからナマ顎クイされるよしこ(ガンバレルーヤ)

写真拡大

ガンバレルーヤのよしこ初主演作『Bの戦場』の初日舞台挨拶が3月15日にユナイテッドシネマ豊洲で行われ、相棒のまひる(ガンバレルーヤ)をはじめ、速水もこみち、大野拓郎、おのののか、並木道子監督が登壇した。

[動画]よしこをバックハグ!もこみちはB専なの!?/『Bの戦場』予告編

本作は、2016年にノベル大賞受賞のゆきた志旗による同名小説が原作。絶世のブスとエキセントリックなB専男の恋の駆け引きを描いた、全ての女性を勇気でけるラブコメディだ。

映画初主演作で絶世のブスを演じたよしこは「役作りが大変でしたが、みなさん優しくて、イケメンに囲まれて一生懸命恋をした感じでした」と撮影を振り返り、MCから「笑顔がステキで、女優に向いていますよね」と褒められると、「よく言われるんですけど、次は朝ドラ女優になりたいと思います」とボケ、会場を沸かした。

B専という強烈な役柄を演じた速水は、劇中でよしこ相手に“顎クイ”や“壁ドン”を披露しているが、よしこは「顔の油でやりづらそうだった」とやりきれない様子。そこで、よしこの希望に応じ、この場でナマ顎クイを披露することに。だが今回も油で滑ってしまうと、よしこは「クソが!」と持ちネタで対応。さらに、よしこは大野にも顎クイを要望。大野は自身にとって人生初顎クイであることに気付くと、「どうしてよしこにやんなきゃいけないの?」と答え、またしてもよしこは「クソが!」と吠え、場内を笑いに包んだ。

ブライダル業界を舞台にした作品ということもあり、この日は登壇者の「仕事でのこだわり」について尋ねるコーナーも。まひるは「何でも食べます、どこでも食べます、お仕事待ってます」と簡潔に述べ、NGがないことが取り柄だと強調。おのは、撮影時のよしこの人柄を「まわりへの気遣いが素晴らしい」と絶賛すると、彼女のように過ごしやすい現場を作っていきたいと話した。

また終盤には、本作の原作者であるゆきた志旗からのメッセージがサプライズで読まれた。「よしこさんのお名前が出た時に、私の中でスッとはまりました。礼儀正しくて人当たりが良くて時々毒舌で、香澄(よしこ)の内面そのものだと思ったんです。素晴らしい女優、よしこさん。きっとあなたの演技に勇気づけられる人がたくさんいます」とのメッセージに、よしこは「こういうの初めてなんです」と感激した様子。観客に向かって「笑って泣ける作品になっていると思います。キャスト・スタッフのみんなで一丸となって作った作品ですので、ぜひよろしくお願いします」と力強くアピールしていた。