城戸真司×秋山蓮再び! - 「RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」
 - (C)2019「RIDER TIME龍騎」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

写真拡大

 17日、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のスピンオフとなる「RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」の追加キャストが発表され、仮面ライダー龍騎/城戸真司役の須賀貴匡(たかまさ)に加え、松田悟志ら、5名のオリジナルキャストの出演が明らかになった。3月31日よりビデオパスで配信がスタートする。

 「仮面ライダー龍騎」は、2002年から2003年にかけて放送された平成仮面ライダーシリーズの3作目。13人の仮面ライダーが、現実世界と鏡の世界“ミラーワールド”を行き来しながら、己の願いをかなえるために争う姿が描かれた。今回のスピンオフでは、ジオウと龍騎の世界(ミラーワールド)がつながり、全く新たな物語が展開する。

 主演の須賀を筆頭に、追加キャストとして、「仮面ライダー龍騎」で仮面ライダーナイト/秋山蓮を演じた松田悟志、仮面ライダーライア/手塚海之(みゆき)役の高野八誠、仮面ライダーガイ/芝浦淳役の一條俊、仮面ライダー王蛇/浅倉威役の萩野崇、由良吾郎役の弓削智久が出演。テレビシリーズ終了から約16年の時を経て、現代のライダーたちと共演を果たす。

 新たなライダーキャストとして、山口大地、篠田諒、中島健、菅原健が参加。新旧キャストによって、再びライダー同士のバトルロイヤルが展開する。また、物語の鍵を握る役どころを、浦まゆ、石田隼が務める。

 脚本は、平成ライダーシリーズを数多く手掛ける井上敏樹が担当。監督は「仮面ライダービルド」などの柴崎貴行が務め、「ジオウ」から仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役の奥野壮と、仮面ライダーゲイツ/ゲイツ役の押田岳も登場する。

 配信直前となる3月30日には、スピンオフの公開前夜祭「プレミアム上映&トークショー」を開催。「仮面ライダー龍騎」からは、松田、高野、一條、萩野、弓削ら5名の登壇が決定しており、登壇者への質問をTwitterでのハッシュタグ投稿「#RIDERTIME龍騎質問」で受付仲。トークショーの模様は、ビデオパスと東映特撮ファンクラブでライブ配信される。(編集部・入倉功一)

「RIDER TIME 仮面ライダー龍騎」はビデオパスで配信 第1話:3月31日、第2話:4月7日、第3話:4月14日