独特な文化を持つ日本の体育会系運動クラブの常識は、一般社会の常識から大きく逸脱している。

【写真】この記事の画像(4枚)を見る

 2018年5月、それを象徴する事件が起きた。大学アメリカンフットボールの名門・日本大学と、西の雄・関西学院との定期戦でのこと。試合開始早々、日大のディフェンスの選手が、関学のクォーターバック(QB=司令塔の役割を果たすポジション)に対し、レイトタックルの反則行為を働いた。関学サイドから提出された動画があまりにも衝撃的だったため、この事件は瞬く間に拡散し、社会問題にまで発展した。

アメフト問題にあった「体育会系の闇」

 スポーツとは何か。ごく簡単に定義すれば、ルールに従い勝敗を競う遊戯だ。誤解を恐れずに言えば、あくまで「遊び」である。ルールがなくなれば、アメフトのように激しいボディコンタクトのある競技は果し合いになりかねない。

 世間が首を傾げたのは、いったい何が日大選手をこれほどまでに非道なプレーに走らせたのかということだ。ここに体育会系の闇がある。

 日大選手は会見で、コーチから「監督が『QBを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる』と言っている」と聞いたことを明かした。それに対し、前監督の内田正人は「私からの指示ではない」と否定し、前コーチの井上奨も「怪我させてこいという意味ではなかった」と証言した。だが、のちに第三者委員会は内田と井上の指示によるものと認定している。


©共同通信社

体育会の世界にある「干す」と「はまる」

 体育会系の世界では「干す」という言葉が頻繁に使われる。試合に出さない状態のことだ。指導者は干すことで、選手を発奮させようとする。

 日大アメフト部では、そのショック療法が常態化していた。チーム内では、その対象に選ばれることを「はまる」と呼んでいた。はまった選手は、試合に出してもらえないだけでなく、言葉でも存在を否定され続け、精神的に追い込まれていく。すべての道を閉ざされ、思考能力を失ったところで、今回のようにたった一つ、救済の道を示される。すると、生き残るために、善悪の判断もつかないまま、その道を突っ走ってしまうのだ。カルト教団の洗脳方法に近いやり方である。日大選手は、そのときの心境を「追い詰められていたので(反則行為を)やらないという選択肢はなかった」と振り返っている。

 今回の事件には、2つの「非常識」が潜んでいる。一つはプレーの悪質性。そして、もう一つは監督と部員の前時代的な関係性だ。体育会系では昔から「1年生は奴隷、2年生は平民、3年生は貴族、4年生は神様」と呼びならわされ、さらにその上に監督が君臨する。下は上の者に絶対服従が原則であり(美徳とされている節さえある)、自分の意見を主張することはわがままと見なされる。

 女子レスリング界で起きたパワハラ騒動も、そもそもは教え子が恩師のコントロール下からはみ出したことが発端だった。元日本レスリング協会強化本部長の栄和人は、五輪4連覇中の伊調馨が自分の意に反し男子合宿へ参加したことを反抗ととらえ、パワハラを行うようになったとされている。

高校球児はなぜ丸刈りなのか

 上の人間には決して逆らえないという風習が、一般的には理解しがたい行動様式をとどめる要因になっている。この夏の全国高校野球選手権大会は節目の第100回大会ということもあり、例年以上に注目を集めた。高校球界にも、明確な根拠もなく、選手もあえてそれを問いただすわけでもなく、今も続いている「非常識」が存在する。丸刈りだ。


©iStock.com

 100回大会で「脱丸刈り」の高校は出場56校のうち3校のみだった。その中で、伝統的に頭髪が自由なのは「エンジョイベースボール」を掲げる慶應高校である。選手の一人は言った。

「信念があって坊主にしているなら、それはいいと思います。でも、なぜそうさせられているかわからないのであれば、かわいそうですね」

 丸刈りという決まりは高校球界では当たり前であっても、世間一般では特殊に映る。異様なことに理由もなく従ってしまう。いや、もっと言えば、思考が麻痺して、普通と違うということさえ感じられなくなっていく。この延長線上に、日大アメフト事件があったと言ったら言い過ぎだろうか。

頭髪自由にしても半数は丸刈りのままだった学校

 脱丸刈り校のうちのもう一つ、土浦日大では、監督の小菅勲が2016年に就任して以来、「(丸刈りは)今の時代にはふさわしくない」と頭髪を自由にした。にもかかわらず、部員の半分くらいは丸刈りのままだった。

「伸ばしていいよと言っても、うちも伝統校なんで、高校野球はこういうもんだって、丸刈りにする選手が多い。丸刈りが好きなやつもいるんですよ」

 不思議なものだが、自分の意志で丸刈りにしているのだと思うと、見え方がガラリと変わる。丸刈りへの違和感は、髪型そのものにあるのではなく、全員が半強制的に同じ髪型にされているということにあるのだ。

「教育の一環」が免罪符になっている

 日本スポーツ界でもっとも体質が古いと言われる女子バレーボール界で、不当な上下関係や過度な礼儀作法をなくし、下北沢成徳高校を強豪校に育て上げた小川良樹は、体育会系の異様さは「教育の一環という言い方が免罪符になっていることが原因」と指摘する。


©iStock.com

「人間教育って言えば、指導者のわがままや横暴さが正当化されますから。おまえのためなんだ、と。そう言われると、選手は逆らえないじゃないですか」

 教育の一環だと言いながら、日大アメフト部のように体育会系は教育から乖離してしまった。その事実こそ、小川の指摘が正しいことを証明している。

 スポーツは勝利を目指すことで、自然と工夫するし考えもする。教育的要素はすでに十分含まれている。体育会系も、いちスポーツに還るべきではないか。

※社会人・就活生なら押さえておきたい 2019年はずせない論点がこの1冊に!『文藝春秋オピニオン 2019年の論点100』発売中

(中村 計/文春ムック 文藝春秋オピニオン 2019年の論点100)