俳優の徳重聡

写真拡大

 「下町ロケット」(TBS系)での“怪演”が話題となった俳優の徳重聡(40)が15日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。約20年の交際を経てゴールインした妻との純愛を明かした。

 オーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」グランプリの徳重は昨年10月期に放送された「下町ロケット」で孤高のエンジニアを“怪演”。視聴者の間で大きな反響を呼んだ。

 結婚について問われた徳重は「高校時代の同級生と(結婚した)。別れた時期もありましたが、20年ぐらい付き合ってぐらいになりますかね」と明かし、「20代の頃に結婚したいと思った時期もあったのですが、正直その頃は会社がNO。(妻は)それを待っていてくれた」と語った。

 高校時代、徳重はサッカー部、妻は吹奏楽部だったといい、「試合中にも応援してもらった」と苦笑い。「ケンカはしたことないです。(事務所に)結婚はNOって言われたときに唯一…」と明かしていた。