看板メニューの「洋風猫まんま」(中、600円)はトッピング(50円〜)も可能 /「Café Chaton Rouge」

写真拡大

日々の疲れを癒しに、ネコに会いたいんだ!そんな人のために、名古屋の看板ネコのいるお店をご紹介。SNSや口コミで話題の“スターにゃんこ”にメロメロにされよう!

【写真をすべて見る】看板ネコたちの画像はこちらでチェック!

■ 仲良しにゃんこが集うアクセサリー店

●「Chat Noir」(名古屋市中区)

ペアでも付けられるようなシンプルなデザインのアクセサリーをセレクトして販売している「Chat Noir」。愛猫家の店主がデザインしたネコのリングやピアスも人気だ。保護ネコ活動にも力を入れており、店の2階で譲渡会が開かれることもある。

同店では3匹のネコが出迎えてくれる。最年長で親分的なトラと引っ込み思案でおちゃめなしま、ねこじゃらしが大好きで甘えん坊のクロ。店主が保護したことがきっかけで、一緒に暮らすことになったという。すくすくと元気に仲良く育った3匹に癒されよう。

「Chat Noir」住所:愛知県名古屋市中区大須3-42-14 / 電話:052-212-8998 / 時間:11:00〜20:00 / 休み:不定休

■ 見渡す限りネコ尽くしのカフェ&ギャラリー

●「Café Chaton Rouge(カフェ シャトン ルージュ)」(名古屋市中区)

ネコにちなんだ本やインテリアを集めた、ギャラリー併設のカフェ「Café Chaton Rouge(カフェ シャトン ルージュ)」。ネコに直接触ることはできないが、天井にアクリル板で仕切られたキャットウォークが設置されていて、下から眺めたり遊んだりすることができる。

看板ネコは5匹いて、交代で出勤している。イチオシは、遊びたい盛りで甘えん坊のジッタ。クリンとした耳がとってもキュートだ。最近はフリースのベットがお気に入りのようだ。

「Café Chaton Rouge(カフェ シャトン ルージュ)」住所:愛知県名古屋市中区丸の内1-8-39 HP丸の内ビル1F / 電話:052-212-5125 / 時間:11:30〜21:00、月曜は11:30〜17:00、金曜・土曜は11:30〜22:00 / 休み:火曜

■ 猫店長の古民家カフェバー

●「cafe泉」(名古屋市東区)

「cafe泉」は明治、大正時代のアンティーク雑貨やレトロなステンドグラスが並ぶ、シックなカフェバー。ロフトやテラス席も備え、ムーディな雰囲気の中で食事を楽しめる。

出迎えてくれるのは、猫店長の子太郎。魚が大好き、グルメな雑種ネコ。窓際の特等席から店内を見渡すのがお気に入りだ。ただし、外にパトロールに出かけていることもあるので、帰ってくるのを気長に待とう。

「cafe泉」住所:愛知県名古屋市東区泉1-11-1 / 電話:052-253-7755 / 時間:11:00〜翌2:00 / 休み:日曜

今回紹介したネコたちはいない場合もあるので注意しよう。マナーを守って、ネコたちとの触れ合いを楽しんでみては。(東海ウォーカー・河野琴美)