北が対話中止も示唆…米「対話継続が望み」

写真拡大

北朝鮮の崔善姫外務次官が、アメリカの対応次第では今後の対話を打ち切る姿勢を示した事を受け、アメリカのポンペオ国務長官は15日、首脳会談が物別れに終わったのは「北朝鮮の提案が許容できるレベルに達しなかったため」と指摘。その上で、トランプ政権は対話の継続を望んでいると強調した。

アメリカ・ポンペオ国務長官「北朝鮮と対話を継続することが現政権の望みだ」

また、核・ミサイル実験の再開については「ベトナムで金委員長自身が実験を再開しないと確約した。約束を守ると期待している」と述べ、改めて自制を求めた。