Dr.コパ氏は数少ない「勝ち組」馬主のひとり

写真拡大 (全3枚)

 

 先のフェブラリーステークスで藤田菜七子氏に愛馬・コパノキッキングの騎乗を依頼し競馬界を盛り上げたDr.コパ氏。インタビューの第二弾は、競馬の本賞金だけで30億円以上を獲得してきたという氏の馬主ライフをクローズアップする。クラブ法人などの一口馬主が隆盛を極める現代競馬、個人馬主の存在感は年々薄くなっている。そんな中でも「ファンの延長線上にあるオーナー」を自認する個性派オーナー・コパ氏の馬主哲学とは? 競走馬購入における究極の風水活用術も公開した。(取材・文/麻野篤)

──これまでに200頭以上の馬を所有されてきました。ズバリ、馬主生活は黒字ですか?

コパ「賞金は、確か5着までが公表されているんですよね。全部で30億円を超えているでしょう。だから経済的にはプラスでしょうね。でも、そういった金額以上に、記憶に残る馬が何頭かいて、種馬までもいるとか、僕自身が進行形で競馬を楽しんでいるのが何よりの大儲けと感じています」

──とはいえ、個人馬主さんとしては大変な成功者ではないですか?

コパ「そんなこともないと思いますけどね。ただ、個人馬主というのは、成功馬が一頭出ればいいほうという世界でしょ? (コパノ)リチャードとかラブミーチャンとか、いまは(コパノ)キッキング。確かにこんなに成功馬が連続するオーナーは少ないですよね」

──個人馬主さん全体を見渡しても、収支が黒字のオーナーさんは少ないと聞きます。

コパ「どうでしょう。まあ、5%もいるかいないかじゃないですかね」

 競馬ファンなら誰もが憧れるオーナーライフだが、経済的意味での勝ち組に入るのは簡単ではないようだ。では、5%という狭き門をくぐり抜けるために必要な馬選びのポイントとは何なのか。ここにこそ、コパ氏独特の発想が垣間見える。

──所有馬の特徴として、超良血の高額馬は少ないという点があげられますよね。

コパ「考え方として、一番損しないのは一頭1000万円くらいの馬だと思っています。それに加えて、確率の問題じゃないですか。たとえば(良血の多い)社台さんの馬だと、普通に一頭4000万円くらいになっちゃいますよね。僕は4000万もあれば、800万円の馬が5頭買えるよなあ、となっちゃうほう。そういう観点ですね」

──いわゆる相馬眼みたいなのはありますか。

コパ「(笑って首を振りながら)ない! だって、同じ馬を2度見ても、同じ評価が出来ないんですよ。よく『コパさん!こないだはあの馬がいいって言ってましたよ』なんて言われることがある。こっちは『本当?』なんて聞き返したりしてさ。本当にいい加減なんだよ、たぶん(笑)」

──そこは認めているんですね。

コパ「はい。もちろん馬を見たらわかるという人もいるんでしょうね。ただ、僕は分からない(笑)。これでも馬主を20年近くやって、200頭以上の馬を買っている。でも、わからないんですよ。しょうがないでしょう」

 とはいえ、当然ながら、完全な当てずっぽうで馬を買いまくっているわけでもない。自らがライフワークとする風水の実践に重きを置いて、数々の活躍馬を発掘してきた実績がある。

コパ「あえて言えば、僕がわかるのは環境学だけということ。たとえば、この牧場とこの牧場のどっちがいい?と聞かれれば、風水的にこっちの牧場というくらいの。環境の良い方が良い馬が出る確率が高い、と思うので、迷ったらこっちから買う、とかはありますね。

 だから、馬を見るよりも牧場を見ています。セリ名簿などは、まずは牧場名から。おかげさまで(馬産地の)日高にはたくさんの知り合いの方がいますので、知らない牧場があれば、どんな牧場かを聞いてだいたいの場所の見当をつけます。

 で、『あそこ狭いよね?』とかさらに質問をする。そうすると、『狭く見えるけど、奥は意外と広くって川の近くまであるんだよ』などと教えてもらい、『なるほど、あの川は(風水的に)いいからね』と進んで、馬を買う話が具体的にイメージ出来てくるんです。

 その牧場に実際に行くこともあります。その時には、牧場の方と会って話をしてみて。やっぱり、それである程度は分かりますよ。波動ってあるでしょう?これ、誰でもあると思うんです、感じるものが。そういうのをチェックしますね」

──牧場では、どんなアドバイスをされるのですか?

コパ「自分なりの風水を施しています。『ここにお花を飾ったらいいですよ』とか『厩舎を塗り替える時があったらこの色のペンキになさるといいですよ』とか。そういうお話をしています。それで、その牧場の馬たちがいい成績を残していけば、僕の風水の研究にもなりますよね。日高を回って、そこでいい馬が出てきて、『お。俺の風水間違っていないじゃないか』ということも学んでいます。

 そんな風水を施した牧場(ヤナガワ牧場)から(コパノ)リッキー、(コパノ)リチャード、それに北島さんのキタサンブラックまでが出たと。そういうことがあって『コパの風水効くのか、面白いよね』と競馬ファンも興味を持ってくれる。大手の馬主さんたちとは違う競馬をやってくれる、と認識されるんじゃないでしょうか」

──そんなこともあって、日高に思い入れが強くなったんですね。

コパ「大好きですから。というのも、社台グループの高い馬が買えないから(笑)。最大の理由と言ってもいいかな(笑)」

──そんなご謙遜を。いまのコパさんなら、そんなことないんじゃないんですか。

コパ「いやいや、相手にしてくれないですよ。たとえば、日高で牧場に行けば、まずはその牧場のいい馬を見せてくれる。社台さんは違うでしょ? すぐにいい馬を出してきてはくれませんよ。ほかにいくらでも名だたる馬主さんがいらっしゃいますし。

 実は、馬主になって2年目か3年目の時に(社台グループ主催の)セレクトセールで2頭買っているんですよ。後学のためにも行ってみようかと思いまして。まあ、高い馬は買えないから何百万円というのでしたけど、全然走りませんでした(笑)。

 とはいえ、吉田照哉さんとは個人的には仲がいいんです。人間的にもホースマンとしても尊敬していますしね。あの人たちがいたから今の競馬があるわけだし。ただ、僕の競馬とは違うというだけのことでして」

──では、今後も買わない?

コパ「買うことはないですね。あれ、断言しちゃったよ(笑)。だって、日高の人たちはありがたいことに『コパは日高のオーナーだ』と思ってくださっている。それを考えれば、もうそれでいいじゃない。リッキーもリチャードも日高で種馬になっているし、残りの馬主人生を考えても、あとは日高を回っていればそれだけで十分でしょう。

 それこそおじいちゃんおばあちゃんがやっている小さな牧場もたくさんある。もう、日高にふるさと納税しているような気分なんです(笑)。そんな思いれのある馬が走るたびに、その人たちも喜んでくれる。個人馬主として、そんないい人生ないんじゃないかな、と思いますよ」

 斜陽が伝えられる馬産地・日高に想いを馳せながらも、コパ氏は最後に馬主としての夢を語ってくれた。

コパ「いろんな競馬のあり方があるとは思いますけど、今回(フェブラリーステークスに藤田菜七子騎手騎乗)の件で分かったのは、実はファンは僕みたいなオーナーを求めていたのではないか、ということです。あの時、7枠11番の菜七子を買った人たちは夢馬券を買ったんじゃないのかな、と思って。もちろん馬券好きな人の中には、菜七子人気のあおりで他の馬のオッズが上がるということで、『おい、これで高配当の馬券が取れるぞ』と言ってくる人もたくさんいました。まあ、さみしいけど、それもそれで競馬でしょう。

 でも、とにかく今は『夢のある競馬』という部分が減っているから。そこをやってみたいというのがオーナーであるコパの気持ちなんです。

 いまは顔の見えているオーナーが少なくなったけど、将来ファンの方の間で『コパさんがキッキングに菜七子を乗せたんだよな、オレあのレース見たんだよ』と語り継がれたら、それだけでも僕がやったことは大正解だったじゃないですか。本当にそう思いますよ」

【PROFILE】Dr.コパ/本名:小林祥晃(こばやし・さちあき)。1947年東京都生まれ。日大理工学部卒業。一級建築士、神職(石見一宮物部神社)、愛知工業大学客員教授。日本の風水・家相の第一人者。ラブミーチャン、コパノリッキー、コパノリチャードなどGIホースのオーナーとしても知られる。