コンビニ店主と会社側の団体交渉権認められず「死の宣告受けた気持ち」

ざっくり言うと

  • コンビニの店主らの団体は、会社との団体交渉を求めて救済を申し立てていた
  • 中央労働委員会は店主らを小売り事業者とみなし、交渉権を認めないと判断
  • 団体幹部は「死の宣告を行政から受けたような気持ち」と落胆していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング