アフリカのマゼンベ、「肉食動物」をデザインの新ユニフォームが凄い

写真拡大 (全5枚)

リーグ最多優勝回数を誇るコンゴ民主共和国の強豪マゼンベ。5度のアフリカ王者に輝き、クラブワールドカップにも3度の出場を果たすなど、アフリカ大陸を代表する存在だ。

そのマゼンベが13日に新ユニフォームを発表したが、大胆なデザインがユニフォームファンの間で話題となっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Mazembe 2019 Sogam Home

長く続いたadidasとのパートナーシップが終了するようで、3月に新興ブランドのSogam Footballと契約。その第1弾となる2019年のキットには、なんとワニ柄が登場した。もちろん、あの爬虫類のワニだ。

少々画像は粗いが拡大してみると、右胸のメーカーロゴ下にワニの目玉を確認。水面から上顎を出しているようなワニの顔が描かれている!

ワニはチームのマスコットキャラクター的な存在で、エンブレムにも描かれている。ただ、チームのニックネームは「カラス」だ。

コンプリートルックはこんな感じで、全体的にブラックを基調。マゼンベのユニといえばブラック/ホワイトのストライプというイメージが強いだけに、今回のデザイン変更はちょっとした驚きである。