レディ・ガガのツイッターより

写真拡大

今週、日本でも大きく報じられたのは、アメリカでセレブたちがわが子たちを名門大学に裏口入学をさせたとして逮捕された事件。FBIが逮捕した数十名の中にはテレビシリーズ『デスパレートな妻たち』のフェリシティ・ハフマン、『フルハウス』のロリ・ロックリンと有名女優2人が含まれていた。

大粒ダイヤにうっとり! A・ロドリゲスがJ・ロペスにサプライズ求婚

2人の他に弁護士や実業家、金銭を受け取った大学側の入試担当者など50人もの逮捕者が出た。舞台となったのはイェール大学やスタンフォード大学、カリフォルニア大学といったアメリカの名門大学ばかり。進学コンサルタントを名乗るブローカーを通じて金銭を支払い、替え玉受験や答案書き換え、大学の運動部コーチに賄賂を送って、経験もないのにスポーツ選手優先枠での入学といったことが繰り返し行われてきたのだ。

フェリシティは18歳の娘が大学適性試験(SAT)を受けた際、進学コンサルタントを名乗る男に1万5000ドルを支払って、スコアを不正に上乗せさせた罪で、12日(現地時間)にロサンゼルスの自宅で贈収賄罪で逮捕された。

ロリは夫と共に50万ドルの賄賂を支払って娘2人を南カリフォルニア大学にボート選手として入学させたが、娘たちにボート経験はなかったことが明らかになった。

一方、妊娠説が駆け巡って騒然となったのはレディーガガ。つい先月、婚約者だったクリスチャン・カリーノと破局したばかりなのだが、なぜか妊娠中ではないかという憶測が広まっていた。それについてガガはツイッターで反応。「私が妊娠しているってうわさなの? ええ、妊娠してるわ。#LG6をね」とコメントした。
LG6とはレディー・ガガの通算6枚目を表すハッシュタグ。つまり現在アルバム制作の渦中ということなのだ。昨年は初主演映画『アリー/スター誕生』で、歌姫にして女優という存在感を打ち出し、ソングライターとしてアカデミー賞歌曲賞を受賞したガガ。大きく飛躍した彼女の新たな章の始まりが期待できそうだ。