3月15日(金)、映画『君は月夜に光り輝く』初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷にて行われ、W主演を務めた永野芽郁さん&北村匠海さん、共演の甲斐翔真さん、月川翔監督が登壇しました。


出典: NOSH(ナッシュ)

『君は月夜に光り輝く』は、第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜さんのデビュー作を同名映画化。

死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない余命ゼロの渡良瀬まみず(永野さん)と出会い、まみずの願いを代行体験して叶えていく岡田卓也(北村さん)とのラブストーリーを綴ります。

夕方からの舞台挨拶とあって、すでに周りに観た方はいるのか、というトークに花を咲かせたキャスト陣。


出典: NOSH(ナッシュ)

北村さんは、「まさかの早朝一発目のを観に行った友達がいて、“お前の友達だし行くよ!”みたいな。めちゃくちゃ泣いて使い物にならなかったらしいです、今日一日。すごいうれしかった」と笑顔で報告します。

しかし、永野さんは「誰からもこない……連絡をくれる子たちなのに……」と哀しそうな顔をすると、北村さんは「観てるよ!忙しいんだな」と励まします。

望みを託された甲斐さんでしたが、「(連絡は)きてないねえ……」と言うと場内は爆笑。

永野さんから「きてるってことにしとこ!」と提案をされ「きっと、いると思う。友達も何人もいるし!」と前向きに頷いていた甲斐さんでした。


出典: NOSH(ナッシュ)

さらに、この日は北村さんから、撮影から公開までの想いを書いた手紙を永野さんに読み上げるというサプライズが。

「みんなは知ってたの!? やだ!泣く!もう泣く!」と大さわぎの永野さんでしたが、北村さんが読み始めると正面を向いて聞き入り、緩急のついた詩的な内容に、ときに微笑んだりも。


出典: NOSH(ナッシュ)

しかし後半、北村さんがスタッフさんの名前も入れた感謝を伝え始めると、急にマスコミ陣をシャットアウトするように顔を両手で隠し、どうやらこらえきれず泣いてしまった様子。


出典: NOSH(ナッシュ)

「泣いているところ、もう撮られたくない……」と言いながらも、北村さんから花束を受け取り、瞳を喜びの色に染め上げた永野さんは「幸せな気持ちでいっぱいです」と満ちた表情を見せていました。


出典: NOSH(ナッシュ)

心のこもった温かいやり取りに、観客も黄色いペンライトを振り幸せの気持ちで満たされていました。

映画『君は月夜に光り輝く』は全国東宝系にてロードショー中です! NOSHでは甲斐さんのインタビューも掲載しておりますので、合わせてお楽しみください♡

【関連記事】

横浜流星、杉野遥亮と遊ぶ時は「スーパー銭湯へ行く」

SixTONES「少年たち」映画化は「本当に嬉しい」 持ち前のトーク力で会場を沸かす

「グッドワイフ」北村匠海に単独インタビュー!小泉孝太郎とのイチャイチャシーン大反響に「あ、そこなんだ!?」

岩田剛典、ルイ・ヴィトン新アンバサダーに就任!<本人コメントあり>