厚生労働省の統計不正問題を調査した特別監察委員会の樋口美雄委員長が同省担当者への聴取の際、不正を隠蔽(いんぺい)する意図の有無を確認しなかったことについて、「いきなり端的に『事実を隠す意図があったか』という尋ね方をしてもうまくいかない」と釈明していることが分かった。

 15日の参院予算委員会で、同省の定塚由美子官房長が明らかにした。

 定塚氏によると、樋口氏は「問題の行為に至った経緯や動機、当時の周囲の状況や本人の気持ちなどを丹念に質問する中で確認を行う手法の方が通常だ」と指摘し、「全ての委員が同じ認識だった」と語っているという。