ポスターにもキャプテン・マーベルが登場! (C)2019 MARVEL

写真拡大

 「アベンジャーズ」シリーズの完結編「アベンジャーズ エンドゲーム」の本予告とポスターが公開された。兄弟でメガホンをとったジョー&アンソニー・ルッソ監督が「日本が舞台になる」と明かしていた通り、ライトアップされたレインボーブリッジや東京タワーを確認することができる。

 前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」では、敵サノス(ジョシュ・ブローリン)にアベンジャーズが敗北し、メンバーを含む全宇宙の生命の半分が消し去られてしまった。

 本予告は、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)がヒーローへと生まれ変わった瞬間と共に、前作の絶望のクライマックスが映し出される。その後、盾を構えるキャプテン・アメリカ、訓練を始めるブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ウォーマシンの肩に乗り、銃を構えるロケット、燃え上がる炎の中戦うアントマンらの姿が映り、残されたヒーローたちが“最後の作戦”に向けて立ち上がるさまから、希望の物語を予感させる。

 そろいの新スーツをまとい、アベンジャーズ基地を歩くメンバーの姿なども披露されたほか、最後には、本日から単独映画が公開されたキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)も登場。ソーも強さを認めるほど自信に満ちた彼女の姿が、ヒーローたちの逆転劇を期待させる。

 「アベンジャーズ エンドゲーム」は4月26日から全国公開。