堀内恒夫氏

写真拡大

 元プロ野球巨人監督で野球解説者の堀内恒夫氏が14日、ブログを更新。財布をすられたと報告していたが、そこからのまさかの展開を明かし、妻から「鬼の形相」で読者へ謝罪するように言われ、「本当に申し訳ありませんでした」と平身低頭で謝罪した。

 堀内氏は14日に「やられたーーー!!」というタイトルでブログを更新。「お財布すられてしまったよ」と一言だけ投稿。読者から「(犯人を)許せない」「警察には届けましたか?」「戻ってくることをお祈りしています」など心配の声が届いていた。

 だが、そこからまさかの展開に。堀内氏は「お財布すられた、のつぶやきにたくさんの心配コメント、そして、家にもたくさんの電話がかかってきたそうで…。みなさんのお気持ちがとっても嬉しかったです」と心配してくれた人達にまずは感謝を伝えた。

 だが「本当は黙っていたいくらいなんだけど、こんなにみんなが心配してくれてるから正直に告白するんだけどね…」と切り出し「あった。財布。どこに、って?家…」とすられたのではなく、単に自宅に忘れただけだったと告白した。

 これに激怒したのが妻。心配の電話をしてくれた人達への対応をしながら、カードなどを止める手続きも行っていたが、まさかの自宅忘れという展開に「大変だったね、とさっきまでいたわってくれていた女房が、今、目の前で鬼の形相になって、早くブログに謝罪文を!!!って怒ってます」と記し、「当たり前だな…。今日は野球を見る元気もない…」と、自己嫌悪に陥っている様子を明かしていた。