関連:蛭子能収「鈴木奈々ちゃんがすごくかわいい」ビートたけしも認める鬼才が大放談!


 漫画家でタレントの蛭子能収(71)が俳優の太川陽介(60)とコンビを組んだ旅番組でクズ発言を連発して、人気シリーズ『路線バス旅』ファンを喜ばせたようだ。

 この様子が見られたのは、3月9日放送の『太川・蛭子のローカル鉄道 寄り道旅3』(テレビ東京系)でのこと。一世を風靡した『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(同局系)の名コンビが、“ローカル鉄道”を乗り継いでゴールを目指す1泊2日のガチンコ旅の第3弾だ。

 今回の旅はマドンナとしてタレントの鈴木奈々(30)を迎え、青森県の青森駅を目指して、岩手県の盛岡駅からスタート。手袋を忘れたという鈴木奈々に、太川が旅の資金から買ってあげようと提案すると、蛭子は「じゃあ俺も何か忘れてくればよかった」と、自腹で手袋を買って損したと発言。さっそく太川に「何言ってんの!?」とツッコまれた。

 そして、今回も“旅の資金”を管理する“お財布係”を蛭子が務めるのだが、スタッフからお金を受け取った途端、蛭子は「もし、競艇場を見つけたら(ギャンブル)やってもいいの?」と不穏な発言。太川は「行かないって」「(賭けても資金は)増えないんでしょ!」とダメ出しした。このやりとりを見ていた視聴者は、ツイッター上で「相変わらずのクズっぷりを発揮する蛭子さん」などと喜んでいた。

 また、岩手の道の駅“石神の丘”のレストランに昼食で立ち寄ったとき、太川が「(せっかくなら)名物を食べないとね」と、特産品のキャベツを練り込んだ、緑色の中華麺を使ったラーメンを注文。しかし蛭子はおかまいなしに好物のハンバーグを注文すると、いっさい料理の感想も言わずに食べ終えてしまう。このシーンでは、またもや視聴者から「やっぱりご当地グルメを食べない!」と、空気を読まない蛭子に大ウケだった。

 最後までマイペースに旅を続けた蛭子だったが、『路線バス旅』からのファンはツイッター上で「鉄道になったけど、このコンビの旅はやっぱり面白いなぁ!」「土曜の夜だなぁ、と安定感が得られる番組」などと、名コンビ復活を歓迎する声が寄せられていた。同局が3月1日に行った4月改変説明会によると、2人の新レギュラー番組『太川蛭子の旅バラ』が4月18日にスタートするという。今後も蛭子の脱力系クズ発言を楽しめそうだ。