いま最も旬なネタといえば「新元号」記事だろうか。4月1日に発表されるので今しか書きどきがない、ともいえる。

【写真】この記事の写真(6枚)を見る

NHK新元号「安」めちゃ推しの怪

 そんななか、まず気になった記事はこちら。

「NHK新元号『安』めちゃ推しの怪 残り1カ月のタイミングで……」(日刊ゲンダイ3月6日付)

「新元号」発表まで残り1カ月となった3月1日。NHKのニュース内容が「ひょっとして何らかのプロパガンダなの!?」というのだ。

 一体どういうことか。

 記事を読んでみると静岡・沼津市の水族館のアシカが「安久」と書いたという……。


©iStock.com

 書道歴16年のグリル(19=メス)はネットなどで予想される新元号を書いて特訓しているのだが、「安久」を書く様子を放送したNHKは安倍首相の「安」を推しているとゲンダイ師匠は訝しんでいるのだ。

 それだけではない。

《この日、NHKは午前10時台の「くらし☆解説」でも、新元号を特集。年代物ワインのネット販売会社が特設サイトで募集した新元号予想のランキングを取り上げたが、グリルが書いた1位の安久以下、安永、栄安、安始、安明、安栄、永安と、7位まで「安」が付く2文字がズラリ。》

 と指摘。

《SNS上では〈「安」が入った新元号予想を流すのは政権への忖度〉〈新元号に「安」を入れるための印象操作〉などと突っ込まれている。》(日刊ゲンダイ・同)

みんなで「新元号に『安』を入れるための印象操作」をおこなったのか?

 このネタ、私はNHKだけでなく民放番組でもいくつか見た。

 念のために「ワインのネット販売会社特設サイト」を見てみると、

・TBS『新・情報7days ニュースキャスター』
・日本テレビ『news every.』
・テレビ東京『ゆうがたサテライト』
・テレビ朝日『スーパーJチャンネル』

 などに紹介されたと嬉しそうに報告していた。

 新元号を当てた人にはお酒をプレゼントというキャンペーンに各局が目をつけて紹介したのだ。沼津の水族館もこのサイトを参考にして予想1位の「安久」をアシカに書かせたと思われる。

 では、NHKも民放各局も沼津のアシカもみんなで「新元号に『安』を入れるための印象操作」をおこなったのだろうか?

 考えすぎだと思う。

 ここで問うものがあるとしたら「NHKが民放なんぞと似た番組作りでよいのか? そんな安易さでよいのか」だろう。あ、ここでも「安」が入ってしまったが。

元号が「国書に由来する案も複数ある」

 いまザワザワするとしたら、こちらの記事で報じられた内容ではないか。

「新元号 約20案から絞り込み 2〜5を最終案に 政府方針」(朝日新聞3月2日)

 注目したのはこの部分。

《考案者候補には日本文学など国書の専門家が複数含まれており、国書に由来する案も複数あるという。》

《過去の元号は、出典が確認できる限りは中国の古典から取られており、日本で記された日本書紀などの国書が典拠となった例はないとされる。今回は複数の国書の専門家が案を提出し、20程度の案にも国書に由来する案が含まれている。》

 タブロイド紙はこの部分をどう書いたか。

国書が典拠となれば、元号に「革命」が起きる

 夕刊フジは「『日本の古典に求める』が有力」(3月2日付)。

 そして、《巷では「平和」だの、「安久」だの、はたまたユズリストの願望なのか、男子フィギュアスケート、羽生結弦選手(24)の名字、「羽生」なんて予想も飛び交っている。》とゴキゲンな感じ。

 日刊ゲンダイは「『新元号は日本の古典から』の無知と不遜」ときた(3月4日付)。

《日本の古典ももともとは漢文だ。江戸時代には、8世紀の歴史書「日本書紀」から引用した新元号案が審査対象になった例もあるというが、これも漢文で書かれている。役所の公文書も明治初期までは漢文だった。》

 と書き、

「日本の古典から選ぶのは、中国嫌いの右派支持層に配慮したのだと思います」

 という「官邸関係者」のコメントを載せた。

 朝日新聞はしれっと書いたが、中国の古典からではなく国書が典拠となれば、元号に「革命」が起きると言える。長く続いた選び方に革命が起きるのだ。そんな劇的なことをしちゃってよいのだろうか。保守派の声をもっと聞きたいと思ったニュースだった。

 ゲンダイ師匠はアシカが「安久」という字を書いたという話はともかく、こちらの「元号の選び方」に反応した記事は読ませた。

 一般紙を含め、もっと掘り下げてほしいネタであると思う。

◆ ◆ ◆

※追記

 3月14日の各紙は次のように伝えた。

「元号考案、国文学者も 政府、委嘱の専門家で方針」(産経新聞3月14日)

《元号の出典は中国古典(漢籍)から採用することが慣例となっており、新たに国文学者らが明確に対象に加わることで、日本古典が出典として選ばれるのかが注目される。》

「新元号 国文学者らに委嘱 政府選定の候補」(毎日新聞3月14日)

《安倍晋三首相は13日の参院予算委員会で、新元号の選定にあたって有識者懇談会を開催することを踏まえ「幅広く意見をうかがって新元号を決定する」と述べた。内閣官房幹部は予算委で、新元号候補の考案を国文学、漢文学、日本史、東洋史などの専門家に委嘱する方針を明らかにした。立憲民主党の長浜博行氏への答弁。》

(プチ鹿島)