長時間労働の男性は、急性心筋梗塞(こうそく)になるリスクが高まるという研究結果を、大阪大や国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。

 1日11時間以上働くグループは、基準とした7〜9時間のグループと比べて、リスクが1・6倍と高かった。女性については調べていない。

 チームは1993年以降の約20年間、茨城、新潟、高知、長崎、沖縄5県の40〜59歳の男性約1万5千人を追跡。調査開始時と10年後のアンケートを元に1日の労働時間を7時間未満、7時間以上9時間未満、9時間以上11時間未満、11時間以上の4グループにわけて調べた。

 対象を会社員に限ると、11時間以上のグループは7〜9時間のグループと比べリスクは2・1倍。また、調査開始時の年齢が50〜59歳の人に限定すると、11時間以上のグループは2・6倍だった。脳卒中との関係も調べたが、労働時間との関連は確認できなかったという。

 女性については、急性心筋梗塞になる割合が男性に比べて低いなどの理由から調べていない。

 分析をした磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は、長時間労働によって精神的ストレスが増し、睡眠時間は短くなるため、生活習慣の乱れや血圧・血糖値の上昇につながる可能性を指摘。「長時間労働は健康に長期的な影響を及ぼすと考えられる。休みを確保し、残業を減らすなど働き方の改善のほか、定年退職後も含めて生活習慣に気をつけることが大切だ」と話す。(土肥修一)